最近は様々なテーマで連続講座としてのシルバー制作である「立体ライフシンボル」を開催しています。今後今日のクラスはテーマを共有して探索しつつ制作していくのでクラスAとして基本的にはクローズの形で継続していきます。他のクラスも順次予定していきますので様々な参加が可能です。例えば、自分の出生時の10天体をサビアンシンボルの瞑想から作りましょう、の10回シリーズとか。これまでも多く開催してきているタロットパスワークからのシルバー制作とか。もちろん単発でのひとつだけの制作参加も大いに可です。願いを叶えたい方も、自分自身に出会いたいという方も。ただ純銀アクセサリーのお守りを作りたいという方も。

2016.11.22 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は20℃まで上がるとか。朝からいいお天気。アトリエの植物たちは、この冬にも葉を増やし伸ばしています。
さて、約一カ月後の冬至に向かって2017年に行動しようと思うことのいくつかを用意し始めているでしょうか。まずは2016年には何をしたのか振り返って見てみるといいでしょう。実際に何をしたか、何をしようと予定を立てていたか、確認していきます。自分が言ったことと実際行ったことを受け取りましょう。そこで、2017年こそは何か変えたいと思うでしょうか。このままでいい、と思うでしょうか。難しく思えることや簡単なこと、他者に言えることやなかなか言いにくいことなど様々あるでしょうから、そんな数々の自分の欲求に少しずつ出会って確認し、出来る出来ない関係無くまずはメモしておきましょう。
カフェで来年の予定を考えるっていうのもいいし、夜中や早朝にごそごそしつつっていうのもありだし、ほんの少しでも自分の時間を自分のために作りましょう。

2016.11.20 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
日常に慣れるとさらに私たちは眠り込みます。目標とか追い求める分野などを持っているのといないのとでは、日々の充実も違いますよね。忙しい日常の中に居るのなら、好きなことに触れる時間を増やすことに興味を持とうとするといいです。そこから始めればいいのです。好きなことや好きなものというのも、深く考えるのではなく、あ、これいいな、という些細なところからを気にしましょう。そういう気にいったもの、気にいったことというのを横に置かない日常生活を実際に体験してゆくことは実はとっても大切なことらしいよ…だからやって見るか、というところから始めましょう。
例えば、自らの感情を忘れるということは、裏にまわして背後から生き生きとさせるというやり方です。強い欲求であるほどそれは他者の方がわかりやすく感知します。当の本人は自覚が無いから自己責任は無いし、そもそもそんなつもりはないのにどうしてそう見えるとかそう思ってるんでしょ、などと言われるのかわからないし腹が立つ…という体験をする場合もあると思うのですが、それは無自覚に追いやっている自らの欲求の存在を知らされてる瞬間なのかもしれないね…と感じてみる時間を持ってみるといいでしょう。とか。
人間という生き物は本当には嘘など付いていないし、私たちは多くのことを無自覚なままにして日常を歩いているものだよなと思うのでした。そんな自分に対してコトを起こすのは、この自分自身の小さな意思のひとつから、です。

2016.11.18 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
観てきました。インド人である独学にして天才数学者のラマヌジャンの生涯を描いた実話です。
ようやく手にした事務員の仕事をしつつラマヌジャンは独学で数学を学び研究に没頭する日々を送っていたのですが、研究発表の場を求めている中でイギリスの数学者G・H・ハーディとの運命的な出会いを起こします。愛する家族を残して渡英、後には重い病に倒れるラマヌジャンですが、彼の数々の言葉や描いた数式のベースにあるものは、当時なかなか理解されませんでした。生まれ、育った環境、宗教、時代、など理由はたくさんありました。苦難を乗り越え、ハーディの働きによってイギリスの数学者たちの心にこれまで無かった変容をもたらします。また、ハーディ自身もが自らが心ある人間であることをラマヌジャンとの関わりの中で気付かされていきます。
今の時代になって実際に現場で大きく活かされているという彼の研究成果は、ようやく時代の方が追いついたということなのだなと。
彼が全身で表現しようとしていたものは、宇宙の、神々の芸術そのものなのかもしれません。
大き過ぎる、先端過ぎるということは時折この地上で起きますが、万に一つのご縁があったとしてその対象との出逢いを果たしているにも関わらず、我々の目にはその時それらはひどく小さく意味を持たないものであったり無価値なものとしてしか捉えきれないこと、だったりします。
とんでもない宝物との出会いを知らず無視して通過しながら、素晴らしい宝は無いかと探して右往左往している、閉じた眼を持つのが私たちなのだということは、この人生に決して少なくないのだとまたあらためて思いました。

2016.11.15 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
出来てしまう、見えてしまう、そう感じてしまう、だからそれらはこういう意味なのではないか、正しいのではないか…、ということをアテにしていて日々のちゃんとした基礎練習と精神性についての学びを志すことを忘れた透視は、欲望の道を歩いている可能性を示唆しています。言い方を変えると、自分の軸を作っていない状態で他者の感情について知ろうとするのはコトを急ぎ過ぎているという状態で、それは自らの感情問題に先に目を向ける必要性があるよと教えてくれている状態です。自らの感情問題とは、期待、欲望、などです。普段から抑圧傾向の人は要注意しながら、自分との出会いをたくさん起こしてゆくことが、次に繋がっていく歩き方でしょう。

2016.11.14 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は牡羊座の月ですね。なんとなく見たらそうでした、というだけですが、月が日々何の星座にあるのかを意識しながら生活して、後で振り返っていくことを重ねていくと12星座の特徴により近寄っていけると思います。14日の夜には満月ですね。蠍座23度&牡牛座23度での満月です。
先ほど講座の記事を2つアップしました。両方とも今月開催予定のものです。問い合わせは気軽にメールいただければ。

2016.11.12 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ライフシンボル(絵画療法)の立体版、それが立体ライフシンボル。
立体ライフシンボルでは、すべてアートクレイの製造・販売元である相田化学工業株式会社の「アートクレイシルバー」を使用しています。自分と出会う開運シルバーアクセサリーを作りましょう。
毎月開催している立体ライフシンボルですが、日程AとBでは時間と内容が異なります。



アートクレイシルバーで作る
開運アクセサリー制作&瞑想・リーディング

「あなたのライフシンボル」

銀粘土から純銀のアクセサリーをその場で制作・完成へ

●日 程 
日程A・11月20日(日) 9時半~12時半 残席3名11/12現在
日程B・11月22日(火) 12時~15時   残席2名11/12現在
●定 員 各日4名様  
●内 容 A 粘土制作⇒焼成⇒磨き⇒作品完成⇒リーディングの練習
●内 容 B 瞑想&発表⇒粘土制作⇒焼成⇒磨き⇒作品完成⇒瞑想
●場 所 北参道アトリエ
最寄り駅はJR代々木駅徒歩7分・副都心線北参道駅近く、です。
詳細はご予約の際にお知らせします。
●参加費 7000円+材料費実費(銀粘土1150円~、金具や石などのパーツ100円~)

立体ライフシンボルの参加お申込みは⇒こちらからどうぞ

silver1

不器用なんですって言う方の作品がイキイキしていることはとても多いです。
綺麗に作ることから離れて、粘土のかたまりで遊んでみませんか。アートクレイシルバー(銀粘土)を使って自分でアクセサリーを作っていきます。専用窯で焼成すると純銀のアクセサリーが完成。その日のうちにお持ち帰り頂ける講座です。
技術は全く不要です。自分自身と出会うほとつの方法として、奥底の本心と出会う機会として、そして自分の願いを叶えることに向かってみませんか。あなたが今叶えたいことはなんでしょう? 願いを形に入れ込むこともまた可能です。お問い合わせはお気軽にどうぞ。 

今までの立体ライフシンボル講座についてはこちらにまとめてあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各種お問合せはこちらからどうぞ


2016.11.12 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨晩からの雨で今日は冷え込んでいる東京です。こうやって少しずつ本格的な冬へと移行していくのですよね。日もずい分と短くなり、ぼちぼち冬至のことも視野に入って来ました。今は冬至に向かって太陽がより力を失っていっている最中ですが、冬至になるともう今度は太陽の力が少しずつ増えていく流れになるので日が長くなり始めていきます。来年のことを語るとか書くというのは、正月ではなく年内の冬至に、というのもおススメしています。今の内から心の中では2017年をどのように歩こうかといろいろなことを模索&準備しつついるのがいいでしょう。

2016.11.11 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
例えば物欲の場合。欲しいものの名前や機種を携帯や手帳にメモしておくといいです。それも長い文章にして、あれとこれとそれがこういうわけで欲しいから…という書き方は控えましょう。短いのが一番です。箇条書きでOK、なのですが、これは物欲の場合です。なりたいものや行きたい所の時には別のバージョンがありますので。次に、書いた一覧を後で見た時にくっきりとその品物の絵が浮かぶようにしておきましょう。あらゆる方向からの写真を見たり、現物を見に行ったり、カタログを読んだりします。
このやり方を開始するタイミングは、例えば新月。満月、次の新月と定期的に確認もしやすいので練習には向いているはず。
欲しいものが手に入ったら印を付けるとか消去していくなど、自分なりのやり方で確認しましょう。始まり(欲しいものを書き出す)と終わり(完了の確認)をハッキリとさせることはとても大切なことです。さらに、何を欲しがる自分なのか、ということを冷静に見ることも上手になっていくでしょう。欲求も他者とは違うものです。そこには地上活動をしている自分が存在しているのです。
ひとつずつの満足を手に入れていくことで、次の段階の欲求へと移動できるでしょう。今の様々な感情や欲求を置き去りにして、頭の中に描いた理想へとジャンプしようとしても、今ここに居る自分が待てーっと言わんばかりに引きとめるのです。

2016.11.07 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
思いたって数年ぶりにとあるライブに行きました。知っている人の数人がこの日に行っていたようです。出会えば出会ったなりでと当日会場に行きましたがどなたも発見できず。
このアーティストは、いろんなことがあったあの頃から今日までの、それはきっとたくさんの出会いや別れで、生み出すことで、壊すことで、いくつもの泣いた日や叫んだ日、ほほ笑んだり育んだ日々、それらの積み重ねの彼女なのだと思いました。最近大手に移籍し、新曲も発表、ステージでの毅然としていたその姿を観て、自分自身の仕事や太陽活動をもっともっと動かしたいよね、中身を入れたいよね、という気持ちが溢れてきました。うっかり受け取ったものは自分のことを生きること、です。ありがとうございます。
調べると、出生時の火星が射手座で私の火星と近いところにあります。さらに彼女の出生時の天秤座1度の木星と5度の土星、ということは今年木星が回帰していますね。太陽&水星は蠍座、月は蟹座か獅子座。金星は乙女座の最後に。

2016.11.05 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日は午後からがなかなかに寒い日でしたが、本日朝からお天気良しでして、お洗濯日和。植物たちもお日さま浴びて元気そうです。
自分の感情を捉えていくための視点とか練習法などについてお問い合わせが時折。お一人お一人の状態によっても違うので、少しずつお伝えしていけたらと思いますが、まずは瞑想練習もお試しください。軽い瞑想練習からで大丈夫です。新しいことに気が付く、思い付く、考え付く、ということが自分に起きるために必要なのは、ある種のチャージです。自分に向かう時間を少しずつ重ねていくことがチャージになります。ある程度のチャージか出来るとパカッと次への扉が開かれるでしょう。その時、何かに気が付いたりします。
ということは、どうしたらいいのかとか、どうしようかなどと考えているだけでは何も変わらないのです。やらねば変わらないのですね。
この瞑想もいくつか少しずつお伝えしていけたらと思います。

2016.11.03 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「PK」という映画を観てきました。とある男が「神様が行方不明」と書かれたチラシを配って必死になって神様を捜し続けています。その男と出会った母国のインドでテレビレポーターをしていたジャグーは彼を取材対象として追いかけ始めます。留学先での哀しい恋の傷を持つ彼女がインドに帰ってからの摩訶不思議な出会いと笑い、そして涙。なぜ彼は神様を探し続けているのか? 真実を知った時、人はいったい何を信じて生きているのか、何を欲しがっているのか、本当に大切なこととは何なのか?ということを真剣に考えさせられてしまう、そんなお話です。この人生において何かを信じるってどういうことなのか、触れてみたいと思われる方はぜひ。
今日のこの映画、お一人で来られている方が多かったのですが、女性はもちろん、お兄さんやおじさん達のたくさんが声をあげて最後の最後まで涙していたのが印象的でした。

2016.11.01 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は誘導瞑想の会です。次の新月も誘導瞑想の会をする予定です。それはまたご案内しようと思いますが、本日は雨の中での開催。さて蠍座の集中力発揮、となるでしょうか。

2016.11.01 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
雨が降りそうな海辺の午後。とある場所に到着して、見つけたカフェでスープを頼んだ。またたく間に私の上空のぶ厚い雲は円形にどんどん広がって青空を見せた。あー面白いなぁと思ってその移り変わりを眺めていて。すると、まだ雲の残るところから飛び出してきた強烈な光がパァッときらめいて、ハッとして自我が日常意識を持ち込んだ途端、それは青い空の向こう側へと急カーブを描いてあっという間に消えていった。そんなとある日の小さな旅のひとコマ。

point

なんだっただろうね、あのきらめき。一瞬の。丸いお皿みたいな青い空も。
豆や野菜がたくさん入ったトマトのスープを食べつつ、ぼうっとしているうちにその土地にフォーカスして瞑想状態であったのは確か。
他には誰も見ていなかったみたいで、騒ぐ人もおらず。ごく当たり前の静かな海辺。

2016.10.30 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
様々なカタチの表現を私たちは使いますが、そこには「様々な感情」が存在しています。自覚しているもののレベルもありますが、自分で自覚出来ていないレベルの感情も存在しています。なので抱えている感情に無自覚なまま発している言動というものが私たちにはあるのですよね。傍から見た時には案外とそれはわかりやすかったりもします。「あーひがんでるなぁ、今」とか「ひくつだ、それ」とか「傷付いてんのね実は」などなど、周囲に先に発見されてしまっている感情というものがあるわけです。
私たちひとりひとりには溢れ出る感情が常に存在しています。それは過去の産物ではなく、今ここにあって今まさに息をして生きている生々しい存在です。私たちはうまく出会うことが出来ずにその感情に瞬時に呑みこまれることになったり、力技で冷まして頭でコントロールして抑え込んでしまったり、いろいろなことを起こしています。他者から発見されるものだけではなく自分自身にも心当たりがあるという範囲もあるはずで、まずはそこから、手を付けていくといいでしょう。
自分の何かが間違っているということなのか、と思う場合があるかもしれませんが、それは違います。それらも何らかの事情があって自分が必死で生きている証です。そこには何らかの理由があるはずなのです。ならば、無自覚なまま暴走する自分を無視し続ける日常や人生ではなく、自分をひとつずつ見つけていく歩き方を練習していけば、何かは少しずつ変わっていくでしょう。取り組むためのあり方はたくさんあります。瞑想やヒプノで過去に向かい、原因にたどり着くこともあります。
そんなことをして何が変わっていくのか?、どのような速度で?、いつどんな結果が?と頭の中をめぐるものがあるかもしれませんが、これは実践あるのみなのです。自分に手を差し伸べて自分に悪いことが起こるでしょうか? 私たちは何を怖れているのでしょう? 少しずつ実際歩きだす中で確かめていけばいいのです。怖がらずに受け取りましょう、自らが因となって起こしたことの反応を。

2016.10.28 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
思わぬ自分のその揺れ方。とある出来事によって自らが抱えてきていたであろう「つらかった感情」というものが存在しているのだということに気が付いた、という出来事を体験した女子がいました。
傷の発見は、チャンスです。受け止めることができる自分に成長してきているということでもありますよね。

2016.10.25 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
火星冥王星が重なった日あたりに、もともと自分の中にはすでにあった決断というか、過去に決めて行動してきたことを再確認する場面というのが突然来た。今回のそれは、他者に向かって言葉にするということが新しい形でした。簡単には理解など出来ようも無い内容を言葉にして、その反応を受け取り、さらに自分の意思を伝えていくという中で、相手の反応に引きずられてしまえば感情論として成り立たなくなるのは当然のこと。私は細かくコトを細分化して、感情のショックで何もかもを混同してしまわないように、ひとつずつを話していました。コトとは、約10年前の決断に関係する出来事。いつかはさらに詳しく理解した上で何がしかの手を打たねばならない時は来るだろうと思っていました。その際一番肝心なのは、自分の信じるものは何か、です。
表現した自分の行動と言葉という音に、衝撃はあったらしいので、しばらく時間をかけて身の内におさめてゆく流れのようです。やがて来るだろういつかの次への実際行動に結びつく、今ここにある自分の日々の積み重ね、なのです。

2016.10.21 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ずい分経つけれど、ちょっと前に北陸のとある女子から結婚が決まりました!という連絡が入ってきました。私が編集の仕事をしていた頃の後輩です。一緒にいられる人と気が付いたら出会っていたのだそう。昔は、どうしたら素敵な彼氏ができるかとか、そんな話で盛り上がっていたこともあり。懐かしいね。あの編集部での最後のメンバーの一人だったのです。私はそこを離れてから、すぐに占うということの現場に出ました。先ずは知り合いのご縁から始まって、すこしずつ様々な出会いに助けられ、それがまた次の旅へと繋がっていきました。今日があるという不思議さも思い出しつつ、そしてこの道の修業はまだまだこれから。

2016.10.15 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
実際のお出かけの旅と意識の旅とについての自分専用のノートがあります。いつどこにいってどのような発見や体験があったのかを記録したり、神々たちのことや恒星のことを上下段に並べて書きしるすというものです。実際の身体を使った上での旅については遠方だけではなく、近所や関東のあちらこちらに日帰り散歩した際に出くわしたお話しや伝説、神社などについても記録していきます。普段から様々な方向に瞑想してお出かけるわけですが、そういう用意の仕方をしていると実際に歩く場合も不思議なことが自然と増えるものですね。

2016.10.11 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、太陽回帰でした。さてさて、どのような歩き方の一年になりますか。楽しみです。ちなみに天秤座の木星が効いてる感じです。たくさんのお話、物語と出会いたいと思います。

2016.10.05 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日1日は09時11分に天秤座9度での新月です。さて、今の自分の目的、ハッキリしていますか? できるだけハッキリわかりやすくしましょう。毎日そこに向かいやすいように、わかりやすさを用意します。目的意識を具体的に持って積み重ねるということを脳内イメージだけではなく、身体も実際にそう積み重ねて動けるようによりわかりやすく具体的にしておくといいでしょう。
あと例えば、過去の様々な人たちの人生の物語を聞いたり読んだり、見たりして、どのように苦難を乗り越えていったのかということを知る機会を増やすといいでしょう。その方々が何を信条としていたか、何を志としていたのか、というところが肝心ですね。

2016.10.01 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分が目的を用意し、練習や積み重ねを実行し、例えば1年経過した時に途中結果が生まれます。その結果を見ることは大切なことなのだけれど、実際にはその一年間の行動のせいで「私という存在」のあり方が変わってしまっているよということに気が付き驚くでしょう。「私」を変えたのは「私」なのです。もう少し詳しく言うなら、あの「私」を変えたのは目的を決めた「私」であり、くじけそうになりながらもなんとか練習を重ね続けた「私」であって、今ここに居るのは行動を起こすということと途中結果を手にしてしまった「私」です。
自分の意思で起こした経験は必ず身に付き自信になるから、重要なのは誰かに言われてやるのではなく自分で決断して行動を起こすことです。
たくさんの方々の歩き方、実践の仕方を拝見し、お手本としながら、私も自分で様々なことを練習しています。今もそれは続いているし、これからも続きます。学ぶことは生きること。より知ることは、より生きること、と関係が深い。より実践していく人になり続けてゆくことを意識しつつ日々歩いています。

2016.09.29 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2017年の暦を手にしました。2月に月食、日食です。冥王星は2017年には20度まで進むようですね。今は木星が天秤座入りして3度くらいのところを進んでいますが、この木星が来月あたり久々に私の太陽の上に来ます。久々にというのは約12年ぶり、ということですが、好きな分野のことばかり仕事に勉強にと動くことには変わりなし、な感じです。

2016.09.23 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分に向かいたい、とか、自分と共に生きることを望む、とか、それはとても気長に重ね続けてゆくことだから、どこかでラクになる日を夢見ているなんて場合は立ち止まりましょう。いつかの自分がこの自分を幸せにしてくれたりラクにさせてくれたりするというわけではないからです。いつかどこかで力を抜いてラクになれる日が来るってもし望んでいる自分を見つけた時は、そのまま走らずに、今ここに居る自分の話をもっと聞いてみましょう。より本音で語れるように、ノージャッジで話が聞けるように、時にはプロの人の力を借りて。

2016.09.19 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ここのところ決断のチャンスだったり、自分を癒してグレードアップへとつなげてゆくためのポイントがいくつか来ていたりしているのですが、がんばらなきゃ!って思いつつ何か頑張れない、やる気が出ない、という方も時折お見かけします。
そういう場合は、頑張らなくていいのだと思います。もしかしたらどこかで、肩に力を入れて踏ん張っているのかもしれません。今頑張らないと間違ってる、今頑張るのが正しい、と思ってしまってるところはないか、自分の内側に探してみましょう。
本当にやりたいことに向かう中でのある意味苛酷さは、自分にとってため息の出るような疲れるものではないことを、ここで思い出しましょう。
もしかしたら、自分自身とのコミュニケーション不足で起きている落胆ということもあるかもしれません。理由が判明したなら、次に何をしたらいいかはわかって来ます。自分を放置したまま無理に走り出すのではなく、まずは立ち止まること。自分の中にすでにある溢れている感情に意識を向けて、何かに気が付くことから始まりです。
ひとりでは難しいという場合、もちろん様々な専門の人に助けてもらいつつ進めていくといいでしょう。

2016.09.14 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
木星が、昨晩に乙女座から天秤座へと移動しましたね。焦点は対人関係、パートナーシップに当たります。でもこれは、結局は自分自身との出会いをいかに起こしてきているかということと関係するので、ただなんとなく環境や他者との関係がよくなる、もらえる、という意味では無いでしょう。自分の感情の喜怒哀楽にどれだけ興味を持って踏み込んでいけるのか、無自覚な自分というものに対してどれだけ責任を持とうと意思して練習してゆくのか、ということが、結果的に環境に反映されるということになるでしょう。例えば、ただじっとしていてそのうち何かいいことないかしらん、というのは、本当は起きるはずのたくさんの物語を力づくで自分は動かしませんよ、という行動に近いのです。自分特有のたくさんの物語と出会うためには、自分から様々なことを動かし体験することの中に飛び込んでいくことが必要でしょう。そこに起きあがってくる様々に自分を見ることになります。
変更したいものに出くわしたなら、それはそこからまた新しい取り組みをスタートさせてゆく、という始まりの時。新たな目的意識との出会いです。

2016.09.10 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
時にわざとオーバーに表現してみる、ということを採用してみませんか。自覚的に。声と身体を使っての表現です。すると実は滞っていた部分の流れが急に解かれて流れ出す、ということもあります。なんとなく自分自身に起伏が無くて単調だなぁって思うようなときには、何も起きていないのではなくて、すでにあるものを表現しきれていないということかもしれないね、ということを気にかけてみましょう。これをひとつのワークとして捉えて、その前と後との違いを感じたら記録しておきましょう。

2016.09.05 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
すでにそこにあるであろうまだ見えていない、感知していない「何か」を見ようとする意思を育てつつ練習を重ねていくと少しずつ変わっていくと思います。少しずつ見えてくるようになるでしょう…というのではなく、変わっていくのは取り組む自分の意識、です。
私たちってあまりにも見よう見ようとすると、一点集中し過ぎたり、何かの練習法をただただ機械的に重ねたりすることがあります。けれど、「見る」とはどういうことか? この定義自体がも通常の日常意識で見ていることとはまるで違ってくるので、日常や社会を見ているこの眼で見えるようになりたいと思ってもそれは可能ではありません。私たちの肉眼で感知できる範囲以外を見ようとしているのだという自覚があるのとないのとでは大きく違うと思います。
勉強してゆく中で出会うたくさんある実際の事実を捻じ曲げることなくひとつずつ受け入れてゆくということは、生きていくことにおいてとても現実的なことなのだと思います。今の私たちの場所からすると、形ある世界もあるところから見れば形無き世界であり、形無き世界もあるところから見れば形ある世界なのでしょう。

2016.08.29 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
火星土星が射手座でぴったり重なったのが昨日の晩。皆さんはこの時期に未来に向かって何を決断したでしょうか。自分のこれまでとこれからの境目に立って、これまでの何に終わりを告げこれからの何に向かって歩きだすという心を決めたのでしょうか。
9月1日には日食。日食は次の日食まで約半年間の影響力があると言われています。具体的なことに着手して目的に向かって実際行動していくということが、今の自分にとって具体的にどういうことなのか、準備を。何に向かって歩きだすのかを決めたあとはそ、れを思考で終わらせることなく、起こしてゆくのは実際行動です。起こせば実際を変えてゆける、起こさなければ手に入らず妄想で終わる、ということなのですよね。

2016.08.25 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
とある言動をとある時に起こす自分自身を発見出来た瞬間があるとしたら、それは次に向かってのスゴイ一歩がまさに起きている瞬間なのだと思います。だからこそそれを感じることも横にやることなく、振り返りつつ自覚して、自分の動き、変容の瞬間を捉えていく練習をしていきましょう。という話を今日はしていました。
これまでとこれからとを違うものにしていきたいと意思している人にとっては重要なポイント、というお話です。

2016.08.20 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲