1月に入ってから寒い日が続いていますが、今週末に向けてもまた寒波だそうですね。皆さまお身体大切に。

2017.01.12 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
さて、ひとつずつを整理整頓しつつ、手離すものは手離し、残すものは残すという作業を進めています。次の節目は旧正月ですね。そこから行くと今は年末。例えば現在は、太陽のお正月と月のお正月のような感じで、私は二つを採用しています。
今日はいいお天気。気温は最近低いので冷えますね。
2017年に欲しいもの、したいことなど、そろそろ絵にしてみたり、一覧にしたりしますか。イメージがしっかりしている方はそれでOKかと。まだはっきりしていないとか、漠然と欲しい、という状態の方は具体的なイメージを描いて、画用紙に絵や文字で描いたりしてみるといいでしょう。描くという作業を通すこと自体が、物質化への道。この描いて望んだ自分からは逃げようも無いのです。その願いを自分の心の正面に置いてみると、日々達成に向かう始まりにしやすくなるのではと思います。

2017.01.07 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
この日が初窯です。12時半~15時半。すでにお申し込み頂いている方はフォームからのメールは必要ありませんので、そのまま当日お越しください。軽食各自持参、あるいは近所に買いに行くのありです。作りながら手が空いた時間に小休憩です。
アートクレイでは新しい銀粘土が誕生していまして、強度が格段に違うということで、指輪の制作やひねり等が楽しくなりそうな予感です。焼成時間が長くなるため、皆さんに参加していただく講座の際には、その時間に瞑想をと考えています。ただ、これまでの5g単位ではなくて25gなのですが、修正や接着の際に使うペーストも個の粘土からの自作になります。この講座はまた後日案内させて頂こうと思っています。

2017.01.05 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の願いを叶えてゆく毎日の過ごし方のヒントのひとつとしては、願いが叶って自分の生活の中に入ってきた時に当たり前にウェルカムしているかどうかということです。結果だけを見ていて、欲しがっていて、後はイメージが湧かないというのでは願いはかなり遠そうです。願いを叶えてゆくということは、毎日の生活の24時間の中にそれがどのように「存在」しているのか、それが「ある」毎日を具体的にイメージ出来ているかどうかがポイントになります。招く準備が出来ている状態なら、それを生きながら、こだわらず執着せずにあとは当たり前にやってくるのを自然と待つのみ。
来るか、来るか!と言って待つ場合には期待が入っていることがありますので要注意です。それが来ない、何で来ない、あれもやったしこれもやったのに…と徐々に落胆していき、その後にはとうとう「何で来ないんだよ」とキレる流れになりやすいようです。
これは自分が発端であるはずの欲求、願い、という存在と仲良くなっていない、協力し合っていない状態です。願いを立ててはがっかりする、という信念の中に無自覚に生きている可能性を確認してみる必要があるかもしれません。

2017.01.04 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今宵は月が空にくっきりしていました。
例えば今日は、これから一年のうちに欲しいもの、物欲ですが、それらをひとつずつ思い浮かべていました。欲しいものを細かくイメージしていき、それが遠いか近いか、濃いか薄いか等を感じながら自分の欲求を確認&調整。さらに今あるものの中で手離せるものはさらに無いか、ということもあらためて思い起こし。

2017.01.01 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
例えば、紙に書く願いを用意する時に、頭で考えて用意した時には綺麗なまとまった感じのするものとして文章化されたりします。せっかく自分が自分のために紙に書いているのに、なぜか感情移入できないもの、が、そこにあったりして…。
願い事って、まずはシンプルに言うと「自分の欲求」なのです。自分から出てくるもの、溢れてくるもの、です。だから最初から整理整頓されている感じだと、思考が入っちゃってるかもね、と一時停止してみることをおすすめします。
「お腹空いた、食べたい、」みたいなもので本当にはシンプル。そして考えているよりはもっと実は切実だったり欲深いものだったり。
自分から遠のいて願いを用意しようとすると、冷静な感じがするでしょう、おそらく。それは冷静なのではなくて、真実味というものに近寄っていない距離のある感じだったりしますので、もっと近寄ると表現が変わっていきます。
近寄るには、自己を否定しないことです。まずは、自分から溢れる欲求を満たしていいのだと、信じはじめることに向かおうとし始めることです。正論を言わないと認めてもらえないとどこかで信じ込んでいる場合は、それを欲しがる正しさを他者に懸命に話そうとします。否定されないように、相手を納得させようとして説明臭くなっていきやすいでしょう。おそらくは説明するほどに、相手に受け入れられていない感じを自身が感じ始め、さらには「まただ。またわかってもらえない…」「私が手に入れちゃだめなの? 他の人はよくて…」というような思いが湧きあがってきたりすることも。そうして一人で勝手に、叶わない、手に入らない道を爆走することもあります。
自分の何かがおかしいと思えた時には、思い切って立ち止まろう。自己を下げている自分が居る以上は、どこかで立ち止まることを自分にさせ始めよう。必要なのは学び、ワークです。今の自分の状態をひとつずつ細かく知っていくということに手を出し始めましょう。道はあります。


2016.12.29 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2月にも立体ライフシンボルを週末に2回ほど開催予定ですので先にお知らせ。日程詳細は後日決定です。これは後日記事アップ予定ですが、1月28日(土)に水瓶座新月瞑想の会を。2月26日(日)には魚座日食瞑想の会を予定しています。
他の様々は時々に応じて。ご希望もお寄せください。

2016.12.27 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
私は成長してゆく、って自分が決めてしまうと、そうなります。自分は迷うぞ、迷うもんだぞって信じ込んでいると、やはりそういう現実を生きることに繋がります。
決められる日がやってくる、そんな気持ちになる時が来るはずだろうから、だから今は来てないしそうなっていないから決められない…っていう状態に陥ってしまうことがあります。10年20年と長い時間をかけて達成してゆくことほどその傾向にあるかもしれませんが、日々のいろんなことまでもがその傾向にある場合は要注意。無自覚に誰かに何かに期待している時、自分の内側にある欲求に素直に向き合っていない時にもそうなりやすいでしょう。ダイレクトに、誰かに決めてほしい、何でもいいから欲しがられたいと考えている人もいたりします。
喉の渇きは自分で潤すことが、振り回されない人生を作っていく歩き方のひとつでしょう。そのためには、喉が渇いているという自覚にたどり着くことが先です。まずは無自覚になってしまっているであろう自分の欲求とひとつずつ丁寧に出会っていくことに時間を使っていくこと、様々な実体験を重ねていくことです。決めるとそうなります。自分がそのように歩きだします。感情に揺らされ振り回されることばかり重なっていく日々が終わっていくでしょう。

2016.12.25 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
冬至直前の前日、引き出しの中や紙もので不要と思われるものを捨てたりしていたのですが。しばらく前に一枚無くなってしまって使うことができなくなり保管していたタロットをいよいよ手離そうと思い、久々に引き出しから出しました。なんとはなしに一枚ずつ絵柄を見ていたら、無くなったとあれほど探していたカードが普通にそこに居るではないですか。数日に渡って何度も確認していたので間違いは無いわけなのですが、いやしかし、今ここにその消えたカードが存在しているのも事実で。きょとん、としてしまいました。あらためてカードの総枚数を数えると確かに全部綺麗に揃っています。こういうのって時々起きますよね。…おかえり。
というわけで、このカードのセットはまた引き出しの中へ。あ、帰って来たカードのそれは、生まれ変わりの象徴。

2016.12.21 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
信じ込んでいるものを手離すほどに、新しいを生きることになるのでしょう。信じ込んでいるものとは、無自覚なものです。そこをどう発見していくのかが肝心だってことと、それには知識も技術も必要だっていうことです。
この人生、この日常、まずは本当は変えてゆけることばかりだってこと、少し信じ始めてみてください。

2016.12.17 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
冬至を前にしてあちらこちらメンテナンス&整理整頓中です。書類関係、部屋の中、かばんの中、引き出し、冷蔵庫、押し入れ的なところ、という見えるものと。様々な感情体験についてや身体のことも。自分でできる範囲のことと専門家に助けてもらうところと。
あ、昨日は満月でしたね。

2016.12.15 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ひとりでいられない人は、つまり誰かとも一緒にはいられないよね、と思います。一人の時間を自分の癒しや成長、目標に向かって計画&実行して過ごしている人は、他者の心や生命力を無視することなく出会っていくことを大切にしようとするでしょう。
ひとりでいられない人は、自分の感情の肩代わりのようなことを一緒に居る人に無自覚にさせようとすることが少なくないでしょう。特定の誰かに執着し固執し、むさぼるように自己の満足のために欲しがり続け、さらにはその相手に感情をぶつけたりして。これは依存であり、大きな甘えです。欲しがっている自分の叫びを自分が受け取ることに気が付けず、その感情に無自覚に同化してしまい、くれくれ魔神になっていきます。こういう人が一人で居る時には、自分の人生に何も起こそうとしない、を行動するでしょう。かまってほしいばかりの自分の感情に少しでも本気で近寄れたなら、ひとつコマは進みます。そんな自分を責める必要もありません。
頭で考えるどうしたらいいか、ではなくて、ただただ今ここにある自分の内側からの溢れてるものを否定せず正面から受け取ることに意識を向けようとするほうが、近くなる。自分に。
重要なのは「解決」じゃなく、あるがままそのままの傷だらけ泥だらけであろう自分自身を少しずつ受け入れてゆく過程です。
宇宙は、どこまでも解き放たれていいということを教えてくれていると思います。望むならどこまでも縛られていていいということでもあるでしょう。

2016.12.13 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
好きなことは続けるといいです。自分の栄養にもなります。重ねていくうちに次のステップも見えてくる時がやがては来るでしょう。自分が起こした行為そのものがいつかの自分の味方になる、救われる、そんな瞬間に出くわすこともきっと。

2016.12.10 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
新しい素材が誕生しまして、2017年にはその素材を使っての「立体ライフシンボル」を考えています。新しい素材というのはSV950合金(焼成後の金属含有量銀95%銅5%)です。これまでは純銀を使った「立体ライフシンボル」でした。丈夫で硬く、曲げ加工も可能になります。焼くのにこれまでは約10分と短い時間だったのですが、これは1時間以上と長いので、作品を焼いているその間にできることを今いろいろと考えています。

2016.12.08 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
歯医者さんからハガキが届きました。そろそろ健診する頃ですよ、という。早いですね、あっという間です。虫歯というよりも歯茎の健診&改善や維持の方に重きを置いているので、というか先生がそのような人なので、虫歯治療から歯茎改善までお任せしたからには自分の日常もそうなります。40歳を過ぎたら歯周病が進行しやすいのだそうですね。やはり口の中も日々の積み重ねです。

2016.12.04 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
11月末の射手座新月を過ぎ、12月に入りました。早いですね。さらに自分活動に意識を向けながら、来年の心準備をゆっくりと進めていきましょう。自分活動って、例えば様々な癒し、セラピー、ワーク、趣味活動、などなどいろいろですね。

2016.12.01 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
たくさんの実体験はとても大切。どんな体験も、です。そこにあるのは自分がどう感じたのかってこと。正しいとか間違いとか、関係ありません。

2016.11.28 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
23区内も雪が降りました。電車に乗って山手の方へ少し移動してみると雪の量は段々増えていきますね。今回の寒波による雪は54年ぶりなのだそう。積雪の観測としては明治8年以降の観測史上初、だとか。せっかくだから、ビルではなくて普通の家々のいろいろな高さや形の屋根に雪が積もっている街の風景を電車から眺めてきました。さすがに寒かったからね、温かいスープをカフェで飲んだりして。

2016.11.25 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近は様々なテーマで連続講座としてのシルバー制作である「立体ライフシンボル」を開催しています。今後今日のクラスはテーマを共有して探索しつつ制作していくのでクラスAとして基本的にはクローズの形で継続していきます。他のクラスも順次予定していきますので様々な参加が可能です。例えば、自分の出生時の10天体をサビアンシンボルの瞑想から作りましょう、の10回シリーズとか。これまでも多く開催してきているタロットパスワークからのシルバー制作とか。もちろん単発でのひとつだけの制作参加も大いに可です。願いを叶えたい方も、自分自身に出会いたいという方も。ただ純銀アクセサリーのお守りを作りたいという方も。

2016.11.22 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は20℃まで上がるとか。朝からいいお天気。アトリエの植物たちは、この冬にも葉を増やし伸ばしています。
さて、約一カ月後の冬至に向かって2017年に行動しようと思うことのいくつかを用意し始めているでしょうか。まずは2016年には何をしたのか振り返って見てみるといいでしょう。実際に何をしたか、何をしようと予定を立てていたか、確認していきます。自分が言ったことと実際行ったことを受け取りましょう。そこで、2017年こそは何か変えたいと思うでしょうか。このままでいい、と思うでしょうか。難しく思えることや簡単なこと、他者に言えることやなかなか言いにくいことなど様々あるでしょうから、そんな数々の自分の欲求に少しずつ出会って確認し、出来る出来ない関係無くまずはメモしておきましょう。
カフェで来年の予定を考えるっていうのもいいし、夜中や早朝にごそごそしつつっていうのもありだし、ほんの少しでも自分の時間を自分のために作りましょう。

2016.11.20 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
日常に慣れるとさらに私たちは眠り込みます。目標とか追い求める分野などを持っているのといないのとでは、日々の充実も違いますよね。忙しい日常の中に居るのなら、好きなことに触れる時間を増やすことに興味を持とうとするといいです。そこから始めればいいのです。好きなことや好きなものというのも、深く考えるのではなく、あ、これいいな、という些細なところからを気にしましょう。そういう気にいったもの、気にいったことというのを横に置かない日常生活を実際に体験してゆくことは実はとっても大切なことらしいよ…だからやって見るか、というところから始めましょう。
例えば、自らの感情を忘れるということは、裏にまわして背後から生き生きとさせるというやり方です。強い欲求であるほどそれは他者の方がわかりやすく感知します。当の本人は自覚が無いから自己責任は無いし、そもそもそんなつもりはないのにどうしてそう見えるとかそう思ってるんでしょ、などと言われるのかわからないし腹が立つ…という体験をする場合もあると思うのですが、それは無自覚に追いやっている自らの欲求の存在を知らされてる瞬間なのかもしれないね…と感じてみる時間を持ってみるといいでしょう。とか。
人間という生き物は本当には嘘など付いていないし、私たちは多くのことを無自覚なままにして日常を歩いているものだよなと思うのでした。そんな自分に対してコトを起こすのは、この自分自身の小さな意思のひとつから、です。

2016.11.18 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
観てきました。インド人である独学にして天才数学者のラマヌジャンの生涯を描いた実話です。
ようやく手にした事務員の仕事をしつつラマヌジャンは独学で数学を学び研究に没頭する日々を送っていたのですが、研究発表の場を求めている中でイギリスの数学者G・H・ハーディとの運命的な出会いを起こします。愛する家族を残して渡英、後には重い病に倒れるラマヌジャンですが、彼の数々の言葉や描いた数式のベースにあるものは、当時なかなか理解されませんでした。生まれ、育った環境、宗教、時代、など理由はたくさんありました。苦難を乗り越え、ハーディの働きによってイギリスの数学者たちの心にこれまで無かった変容をもたらします。また、ハーディ自身もが自らが心ある人間であることをラマヌジャンとの関わりの中で気付かされていきます。
今の時代になって実際に現場で大きく活かされているという彼の研究成果は、ようやく時代の方が追いついたということなのだなと。
彼が全身で表現しようとしていたものは、宇宙の、神々の芸術そのものなのかもしれません。
大き過ぎる、先端過ぎるということは時折この地上で起きますが、万に一つのご縁があったとしてその対象との出逢いを果たしているにも関わらず、我々の目にはその時それらはひどく小さく意味を持たないものであったり無価値なものとしてしか捉えきれないこと、だったりします。
とんでもない宝物との出会いを知らず無視して通過しながら、素晴らしい宝は無いかと探して右往左往している、閉じた眼を持つのが私たちなのだということは、この人生に決して少なくないのだとまたあらためて思いました。

2016.11.15 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
出来てしまう、見えてしまう、そう感じてしまう、だからそれらはこういう意味なのではないか、正しいのではないか…、ということをアテにしていて日々のちゃんとした基礎練習と精神性についての学びを志すことを忘れた透視は、欲望の道を歩いている可能性を示唆しています。言い方を変えると、自分の軸を作っていない状態で他者の感情について知ろうとするのはコトを急ぎ過ぎているという状態で、それは自らの感情問題に先に目を向ける必要性があるよと教えてくれている状態です。自らの感情問題とは、期待、欲望、などです。普段から抑圧傾向の人は要注意しながら、自分との出会いをたくさん起こしてゆくことが、次に繋がっていく歩き方でしょう。

2016.11.14 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は牡羊座の月ですね。なんとなく見たらそうでした、というだけですが、月が日々何の星座にあるのかを意識しながら生活して、後で振り返っていくことを重ねていくと12星座の特徴により近寄っていけると思います。14日の夜には満月ですね。蠍座23度&牡牛座23度での満月です。
先ほど講座の記事を2つアップしました。両方とも今月開催予定のものです。問い合わせは気軽にメールいただければ。

2016.11.12 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ライフシンボル(絵画療法)の立体版、それが立体ライフシンボル。
立体ライフシンボルでは、すべてアートクレイの製造・販売元である相田化学工業株式会社の「アートクレイシルバー」を使用しています。自分と出会う開運シルバーアクセサリーを作りましょう。
毎月開催している立体ライフシンボルですが、日程AとBでは時間と内容が異なります。



アートクレイシルバーで作る
開運アクセサリー制作&瞑想・リーディング

「あなたのライフシンボル」

銀粘土から純銀のアクセサリーをその場で制作・完成へ

●日 程 
日程A・11月20日(日) 9時半~12時半 残席3名11/12現在
日程B・11月22日(火) 12時~15時   残席2名11/12現在
●定 員 各日4名様  
●内 容 A 粘土制作⇒焼成⇒磨き⇒作品完成⇒リーディングの練習
●内 容 B 瞑想&発表⇒粘土制作⇒焼成⇒磨き⇒作品完成⇒瞑想
●場 所 北参道アトリエ
最寄り駅はJR代々木駅徒歩7分・副都心線北参道駅近く、です。
詳細はご予約の際にお知らせします。
●参加費 7000円+材料費実費(銀粘土1150円~、金具や石などのパーツ100円~)

立体ライフシンボルの参加お申込みは⇒こちらからどうぞ

silver1

不器用なんですって言う方の作品がイキイキしていることはとても多いです。
綺麗に作ることから離れて、粘土のかたまりで遊んでみませんか。アートクレイシルバー(銀粘土)を使って自分でアクセサリーを作っていきます。専用窯で焼成すると純銀のアクセサリーが完成。その日のうちにお持ち帰り頂ける講座です。
技術は全く不要です。自分自身と出会うほとつの方法として、奥底の本心と出会う機会として、そして自分の願いを叶えることに向かってみませんか。あなたが今叶えたいことはなんでしょう? 願いを形に入れ込むこともまた可能です。お問い合わせはお気軽にどうぞ。 

今までの立体ライフシンボル講座についてはこちらにまとめてあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各種お問合せはこちらからどうぞ


2016.11.12 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨晩からの雨で今日は冷え込んでいる東京です。こうやって少しずつ本格的な冬へと移行していくのですよね。日もずい分と短くなり、ぼちぼち冬至のことも視野に入って来ました。今は冬至に向かって太陽がより力を失っていっている最中ですが、冬至になるともう今度は太陽の力が少しずつ増えていく流れになるので日が長くなり始めていきます。来年のことを語るとか書くというのは、正月ではなく年内の冬至に、というのもおススメしています。今の内から心の中では2017年をどのように歩こうかといろいろなことを模索&準備しつついるのがいいでしょう。

2016.11.11 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
例えば物欲の場合。欲しいものの名前や機種を携帯や手帳にメモしておくといいです。それも長い文章にして、あれとこれとそれがこういうわけで欲しいから…という書き方は控えましょう。短いのが一番です。箇条書きでOK、なのですが、これは物欲の場合です。なりたいものや行きたい所の時には別のバージョンがありますので。次に、書いた一覧を後で見た時にくっきりとその品物の絵が浮かぶようにしておきましょう。あらゆる方向からの写真を見たり、現物を見に行ったり、カタログを読んだりします。
このやり方を開始するタイミングは、例えば新月。満月、次の新月と定期的に確認もしやすいので練習には向いているはず。
欲しいものが手に入ったら印を付けるとか消去していくなど、自分なりのやり方で確認しましょう。始まり(欲しいものを書き出す)と終わり(完了の確認)をハッキリとさせることはとても大切なことです。さらに、何を欲しがる自分なのか、ということを冷静に見ることも上手になっていくでしょう。欲求も他者とは違うものです。そこには地上活動をしている自分が存在しているのです。
ひとつずつの満足を手に入れていくことで、次の段階の欲求へと移動できるでしょう。今の様々な感情や欲求を置き去りにして、頭の中に描いた理想へとジャンプしようとしても、今ここに居る自分が待てーっと言わんばかりに引きとめるのです。

2016.11.07 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
思いたって数年ぶりにとあるライブに行きました。知っている人の数人がこの日に行っていたようです。出会えば出会ったなりでと当日会場に行きましたがどなたも発見できず。
このアーティストは、いろんなことがあったあの頃から今日までの、それはきっとたくさんの出会いや別れで、生み出すことで、壊すことで、いくつもの泣いた日や叫んだ日、ほほ笑んだり育んだ日々、それらの積み重ねの彼女なのだと思いました。最近大手に移籍し、新曲も発表、ステージでの毅然としていたその姿を観て、自分自身の仕事や太陽活動をもっともっと動かしたいよね、中身を入れたいよね、という気持ちが溢れてきました。うっかり受け取ったものは自分のことを生きること、です。ありがとうございます。
調べると、出生時の火星が射手座で私の火星と近いところにあります。さらに彼女の出生時の天秤座1度の木星と5度の土星、ということは今年木星が回帰していますね。太陽&水星は蠍座、月は蟹座か獅子座。金星は乙女座の最後に。

2016.11.05 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日は午後からがなかなかに寒い日でしたが、本日朝からお天気良しでして、お洗濯日和。植物たちもお日さま浴びて元気そうです。
自分の感情を捉えていくための視点とか練習法などについてお問い合わせが時折。お一人お一人の状態によっても違うので、少しずつお伝えしていけたらと思いますが、まずは瞑想練習もお試しください。軽い瞑想練習からで大丈夫です。新しいことに気が付く、思い付く、考え付く、ということが自分に起きるために必要なのは、ある種のチャージです。自分に向かう時間を少しずつ重ねていくことがチャージになります。ある程度のチャージか出来るとパカッと次への扉が開かれるでしょう。その時、何かに気が付いたりします。
ということは、どうしたらいいのかとか、どうしようかなどと考えているだけでは何も変わらないのです。やらねば変わらないのですね。
この瞑想もいくつか少しずつお伝えしていけたらと思います。

2016.11.03 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「PK」という映画を観てきました。とある男が「神様が行方不明」と書かれたチラシを配って必死になって神様を捜し続けています。その男と出会った母国のインドでテレビレポーターをしていたジャグーは彼を取材対象として追いかけ始めます。留学先での哀しい恋の傷を持つ彼女がインドに帰ってからの摩訶不思議な出会いと笑い、そして涙。なぜ彼は神様を探し続けているのか? 真実を知った時、人はいったい何を信じて生きているのか、何を欲しがっているのか、本当に大切なこととは何なのか?ということを真剣に考えさせられてしまう、そんなお話です。この人生において何かを信じるってどういうことなのか、触れてみたいと思われる方はぜひ。
今日のこの映画、お一人で来られている方が多かったのですが、女性はもちろん、お兄さんやおじさん達のたくさんが声をあげて最後の最後まで涙していたのが印象的でした。

2016.11.01 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲