FC2ブログ
「18・月」のパスワークに進んだ方が居て、その手前の「17・星」では新陳代謝の活発な内容でした。手放す時の終わらせ方に迷いが無いのです。その方は今回「18・月」のパスで「自分の踊り」を手に入れました。例えば月のパスらしくタブー視しているものや欲望、怖いものがザリガニとして上がってくるというのではなく、遠いお空のその関係しているものを地上で見つけていくという流れのような内容でした。占星術もタロットも知らない状態で、初めての連続パスワークの方です。ご本人の、このパスが今までで一番実感ある!という瞑想後の発言にも地上での実際の人生の歩き方が出ているのだろうなと思いました。
孤独な方を選び、たくさんのことをやっては手離して、また次の新しさを開拓しようとしていらっしゃるそうです。そうしてしまう自分の活動の意味と出会うことが出来たような気がします、とお話してくださいました。これからひとつずつ確かめながら歩いて行かれるそうです。
タロットパスワークは、自分自身とのつながりを求めていくひとつの旅のあり方です。社会的な自我の欲求を満たしていくこと、苦手分野の開発や客観的にものごとを見る視点を増やすこと、地上を生き抜いていく力を身に着けていくこと、見える世界のより上の次元の自分自身に渡りをつけていくこと、世界はまるで自分自身なのだと知っていくことなど、様々な出会いが用意されています。


関連記事
2019.07.29 Mon l パスワーク l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3470-0061c0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)