FC2ブログ
とあるきっかけで思い付いて、そのまま即実践してみたのは、とある12の日本の神様にフォーカスして働きとか特徴を見るということです。見たらすぐにメモをして。神様事典のようなものはネットや世の中にあるけれどそれを手にせずに、簡単な自分なりの手順を踏んで変性意識状態で調べに行きます。何が見えてきてしまうのか、思い出せる限りそれをメモしていきますが、質感はもはや違ってしまっているのが実際です。なのでその違いについても過程をできる限り観察しています。書いたメモは丸ごとは活かせませんが、たどるきっかけのようなものにはなるような感じです。出会いに行くということをやっているうちに自分の何かが生き生きとし始めます。もっともっとそこへと向かいたいと思います。やめたくなどないという感じになります。
久しぶりにまとめて多くにフォーカスしたのですが、これからもさらにたくさんの生命体の働きにフォーカスしようと思いました。
流れや図形、回転しているものの動きで形作られたものを見たり、自然界の風景、物語の一場面のようなもの、一見意味不明のものなど、様々な出会いがあります。私のこれまでの体験のすべてが動員された上でヴィジョン化されているものを見ているわけなので、本当にはもっともっと違う形や動きのものであったりすることは多いはずで、位置による状況の把握の違いやそれ以上をもっともっと知りたいなと思います。自分がさらに成長していくことが必要ですね。
言語化していく段階での、これなんだろうな、この感触は…と、極力近い文字を選ぼうとしつつ、再び出会いにいくことの方に重点が置かれている自分に気が付きます。知っているものの世界に落とし込みすぎないように、わかりすぎてしまわないようにしています。自我が理解してすっきりする、というところにはわざと向かわないのです。
後日、また別の神様に、境内に出向いて変性意識で出会いに行くと、四角い光るお膳のようなものが見えました。四点で作られている土台が特に強調されていました。このメモは境内の中にします。再びここのとあるポイントを訪れたときにそれは再現され始め、体験します。
このようなことの練習に興味のある方はいつでもセッションの時にお話しください。

関連記事
2018.12.06 Thu l sanaの瞑想記録 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3357-bd89d23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)