FC2ブログ
見えてなかった自分のあまりに無自覚な言動が、ほんの少しだけ、見えたというよりかすかな感触だけれどほんの少しわかってきたことがある、という話しを聴きました。
それでもまだ板に付いた自分への姿勢は残りまくっていて、そこにあるのは無自覚な自己否定であると、手放すことは出来ていないけれど、それもまたほんの少し自分がどれだけ自覚無いままに持っているものを溢れさせているんだなと、感じたのだと。
理想のようにいきたいけれど、身体も感情もそのようには動いてくれなくて落胆ばかりしてきた現実をようやく受け入れて行こうとする自分がいるよと。
そんなSさん、これから先どのように仕事していくのか、挑戦なのだそうです。



2018.11.12 Mon l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3335-c89e41a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)