Sana

都内在住 
渋谷区内のアトリエ、あるいは近隣カフェにてリーディング&カウンセリングをしています。
おもにRV(透視)、時に占星術、タロットを併用。
トラウマの解放、インナーチャイルドとの出会い、本当の自分自身との出会い、感情の解放、などにおいてのワークが主流。
2016年現在、完全紹介予約制です。透視やサイキックなお仕事をされている方、セラピストの方、アーティストの方、また本当の自分との出会いを求めている方など。

講座としては「立体ライフシンボル」を定期開催。他には立体や平面での様々なアートセラピーを不定期開催。
他、初級占星術、タロットパスワーク、誘導瞑想などの講座も。

ヒプノセラピー(催眠療法)は2016年現在調整中。こちらはお問い合わせください。


財団法人 日本余暇文化振興会 アートクレイ倶楽部 銀粘土技能認定者インストラクター
北陸中日新聞社 中日文化センター講師
07年09月より自分で作る開運アクセサリー「立体ライフシンボル講座」開催、展開中。
『新宿近郊カフェ&sana 北参道アトリエ』でのリーディングやセラピーはこちらからどうぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1967年、記録によると四国、愛媛県松山市生まれ。
環境的にはちょっと異常な状態でこの世に生まれ育つ。両親は根を下ろさぬ旅人。
大正生まれの父親は役者芸人の座長の母と船の設計士との間の子として生まれたが、捨て子として縁あった家系に育てられるも、いじめにより生命の危機の連続という幼少期を過ごす。生まれ持った霊感と直感を頼りに数々の事件を生き残り、やがて検事になるも、その後に実業家に転向。40代になって700年以上続く某寺院に縁することとなり宗教者として活動。しかし、人生は流れる。一か所にはいない旅人であることは変わらず。
母親は関西の造船所の娘で俗にいうお嬢様育ち、しかし運命に翻弄されアップダウンの激しい人生に。幼い頃から霊感強し、豪傑、商売人。30代にやはり宗教者として活動。父と流れる旅に出るが、子どもを身ごもり、出産。その後も夫婦で転々としながら北陸にたどり着く。
その二人の間に生まれた私自身も気が付けば在家修行しながらの旅人に。幼少時から長く様々な病を経験、長く生きないと言われながらも今日図太く元気。ものごころつく頃には樹や風や空、大地などと喋る子供だった。

幼少期(約5歳くらいから)からは、1300年以上続く温泉地で水商売に生きる女性たちの世界を見ながら、その中で育つ。
アルバイトやフリーとして、魚屋、スーパー荷受、レジ打ち、喫茶店、企業販促、総務、郵便局、路上調査、イチゴ農家、米の品質調査員、通販会社の苦情処理係、広告営業、広告制作、フリーライター、デザイナー、イラストレーター、編集者、遺跡発掘など様々な職種を経験。
20代からフリーで新聞社の情報紙制作(撮影・DTP・編集)をしながら、画家村上勉氏が選者をしていた頃の月刊MOEで、23歳の時に一年間毎月連続入賞。作品はナイーフアート・素朴画と言われる分野で色彩画家と呼ばれることとなり、アクリル樹脂を使う絵描きとして活動。しかし、占星術でいうところの太陽期(25歳~)に入って即、家族の24時間介護の生活に入り休業。

約10年の24時間介護の生活の中で父を見送った後、しばらく呆けるが、その中で体調不良に。一生車椅子の生活になると診断されるも、西洋医学から離れて、メンタルに働きかけていくことを選択、その後回復へ。
その約1年後の人生の節目のある時、偶然のように松村潔氏に作品を見てもらったことがきっかけで長年の研究によって生み出された「絵画療法」の存在を知る、衝撃的出会い。それは絵画から心理を読み解くメソッドであり、「ライフシンボル」として氏が35年以上(2016年現在で)も研究を重ねているものだった。
この時点で仏教の世界に距離を置き、自らの本質である生き方をひとつずつ積み重ね始める。最初は出生図にある天体(月・太陽・土星・冥王星)のサビアンシンボルを描く中で学び始め、以後10天体を描き、サビアンシンボル、占星術、タロット、ライフシンボル、オーラ視、カラーライフシンボル、ライフシンボル立体版など師事。
06年には末期の病と診断されるも半年後に復活。無事に07年の正月を迎えることとなる。
立体ライフシンボルの講座を立ち上げ07年より開始。
以後様々活動。
2010年の秋、占星術でいうところの太陽の大変革期に入る。
2016年、スローペースで研究とセッションを継続。
【大まかな仕事経歴】
03年、春、そして秋に様々な始まり。
05年、自由が丘の占いハウスでの対面鑑定を経て、北陸加賀のカフェ&バー内に「占いCAFE sana」をオープン。10月~翌年4月の約70日間で500人以上と出会い活動スタート。
06年春、病宣告。3か月という見通しが、半年後に復活。
06年夏、静岡・神奈川方面へと対面鑑定を広げながら、アートクレイシルバーを使った第一回立体ライフシンボル講座(千葉県富浦でのセキ ミユキさんによるアートクレイ制作指導・松村潔氏リーディングによる初講座)に参加、即座にアートクレイ倶楽部の銀粘土インストラクターコース受講し3ヶ月で取得。占星術リーディングの現場にてオリジナルアクセサリー作品の販売も開始。
07年、無事に年を越す。リハビリしながら制作の毎日。
07年09月、sanaによるアートクレイシルバーを使ったライフシンボルの立体版である「あなたのライフシンボル」第1回立体ライフシンボル講座を横須賀市「ナチュラルヒーリングショップ うみの家」( ヒプノセラピスト門脇法子氏のshop )で開催。オリジナルアクセサリーを制作する中で潜在的な自分の声を聞き、本当の自分自身に出会うことで能動的に開運していくことを目的とし、セラピーとしての「立体ライフシンボル」を以後展開。
都内・神奈川をメインに主にしながら、占星術による個人鑑定や静岡・北陸においての定期鑑定会や立体ライフシンボル制作講座の旅。
08年02月より、「あなたのライフシンボル」講座、オリジナルシルバー作品の制作、販売。
08年03月、立体ライフシンボル・セラピー&アート cafe prizm としてネットショップ開店。
08年08月、07年09月より「立体ライフシンボル」120名以上参加。鎌倉・川崎・逗子。
08年07月、タロット塾参加。
08年08月、立体ライフシンボル・ベーシックコース(アートクレイ倶楽部 銀粘土技能認定資格取得コース付き)の第1回開催決定。半年から一年の長期コースに一期生7名スタート。
08年09月、都内神楽坂にて水曜及び週末に講座開始。
08年10月、「QUANTUM MIND 第三の眼」占星術・タロットリーディング火曜夜、金曜昼担当。
08年10月、小さな銀鏡・磨き続ける会を第三の眼で開催、以後11月に2回、全三回開催
08年12月、1月開催の「本当の自分と出会うお面作り講座」スタッフに。
09年01月、お面講座より発展し、お面研究会として継続
09年02月、立体ライフシンボル講座開催し1年半経過。参加者は246名を超える。
09年03月、「お面研究会 展示・発表会」松村氏のもとイベント企画運営(沼袋・ちめんかのや)
09年04月 松村氏の事務所にて 「ヒプノ(催眠療法)の会」で講師を務める
09年05月 立体ライフシンボル参加者270名を超える。
09年06月 ライフシンボル セラピー(ヒプノ) オリジナルセッションスタート
09年07月 それまで制作現場としていたsana 北参道アトリエにて活動開始
09年07月 「九分割研究会」スタート
09年09月 松村潔氏のライフシンボル開運Tシャツ講座・企画開催
09年11月 RV道場「くらがりカフェ」のインストラクターに(松村潔氏の事務所にて土曜開催)
10年 1月 パスワークの会のインストラクターに。(松村潔氏の事務所にて火曜開催)
10年 2月 「お絵描きライフシンボル」「カラーライフシンボル」新規ライフシンボル講座開始 
10年 3月 3/16 第三の眼を卒業しフリーに
10年 3月 sanaの22枚タロット・パスワーク4日間連続講座 (監修 松村潔)
10年9月 RV道場「くらがりカフェ」のインストラクター卒業
10年9月 九分割研究は誘導瞑想の会になり本格スタート

タロット塾参加以降、RV、各種探査、アカシックリーディング、水晶透視、黒鏡など学びは続行。 
都内に居場所を決めながらも、様々な地、人、場に出会いながらいて、形を変えながら今もまた旅をしている。

2014年6月現在、HP、ショッピングカートなどは調整中です。


【立体ライフシンボル】シルバー・お面・粘土造形など
「ライフシンボル」とは、
占星術や神秘学の研究家である松村潔氏の34年以上(2014年現在)にわたる研究によって生み出された絵画療法です。例えば一枚の紙にクレヨンで好きなように描いた絵から心理を読み解き、本当の自分自身を知っていくというメソッドです。占星術、象徴分析、色彩、神秘哲学、心理学など読むためのツールは多岐に渡り、この理論から立体である「形」に落とすことで三次元化したものが立体ライフシンボルになります。
例えば、アートクレイシルバーを使って純銀の作品を制作し身につける。自身が制作した作品を見て、あるいは身につけることによって、作品が持つ意味が実際に生活の中に落とされ、動きが加わり変化に加速度がつき始めます。自身の根本的な部分からを能動的に変えて開運していこうとするものです。言わば体質改善。また9つの区画に分けられたスペースに好みの色彩を並べて心理を読む「カラーライフシンボル」もあります。09年に新たに生まれたのはお面作りです。自分のガイドと出会い、粘土で作り上げていく自分だけのお面講座も松村氏のもとで展開しています。


「あなたのライフシンボル」という講座

例えばアクセサリーを制作するという行為そのものが、まず自分の内面感情を外に向かって表現するということになります。自分自身の現在の感情を「外に見る」ということで自身の中に視覚的なところから再認識され始めます。絵や形は記号化されたものであり感情にダイレクトに働きかけるため、思考を通過せずに内面へと影響は染み渡ります。
このアートクレイシルバーで作る作品は、立体であり三次元に落とされます。例えば絵で表現するライフシンボルは平面になりますが、これは感情面などへの影響が強くなり、立体になると「動き」が加わって実生活での変化が表れやすくなるでしょう。また、触れる、常に身に付けたり持ち歩けるということが特徴です。
立体ライフシンボルの1回目はあなたにとっての始まりです。願いがある方はそこに向かってのスタートです。特に無いという方も、自分の基本的な行動パターンの再確認、及び変革へとつながるでしょう。ぜひ体感してください。

ご希望の方には、アートクレイ倶楽部 銀粘土技能認定者の養成も行っています。技術を身につけてご自身がアートクレイシルバーのインストラクターになることができるコースです。
また、08年8月より「立体ライフシンボル・ベーシックコース」も新しく生まれています。


「ライフシンボル セラピー (ヒプノ)」

09年松村氏のもとで内容を構築、ライフシンボルをベースとした様々な角度からのセッションとして新たにスタート。
本当の自分自身との出会い、そして望む自分の未来を手にするために、様々な可能性に出会っていきます。呼吸法やリラクゼーションから過去世退行、インナーチャイルド、サブパーソナリティ、未来順行、胎内記憶、身体へのアプローチ、願望実現、宇宙への旅、リトリーバルなど内容は様々。状態や希望を伺った上で個別にコーディネート、あなただけのオリジナルメニューになります。
お話の内容、状況によっては当日カウンセリングのみになることもございます。


いずれも詳細はリーディング&セラピーの項目をご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


cafe prizm

Copyright(C)2016 cafe prizm All Right Reserved


2017.01.01 Sun l プロフィール l COM(23) TB(0) l top ▲

コメント

今日は、ありがとうございました。
リーディング・デビューは
とてもとてもとても
楽しく、面白かったです!!!
素晴らしい!!!お時間をありがとうございました。

和美ちゃんに
早速ご報告いたしました。

名刺の色
今変更中です。

また、よろしくお願いいたします!
2009.09.04 Fri l イクリン. URL l 編集
Re: 今日は、ありがとうございました。
様々なこと、ぜひ、広げていってくださいね。
いつでもまたご報告ください♪
2009.09.05 Sat l sana. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.08.14 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.09.18 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.10.05 Tue l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.07 Sun l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.17 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.18 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.19 Fri l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.20 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.21 Sun l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.22 Mon l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.23 Tue l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.24 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.25 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.26 Fri l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.27 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.02.11 Sat l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.02.11 Mon l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.04.15 Mon l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.04.18 Thu l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.13 Wed l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.13 Wed l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/321-16f53cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)