「これまで」と「これから」が大きく違っていく境目に来ているんだなって、そう感じてる人は多くて。そしてそれは本当にそうなのだと思います。もう変わっていってしまう、そういう時に来てる。
他者の個人的な動きや社会での流れ、環境の動きというものを気にしすぎる状態で、それ見ながらじゃぁ自分の次の行動をどうしようかな、なんて考えてる場合じゃないです。自分の方を向くことをもっともっと意識しましょう。自分に本当に足りないものに気がついていますか? それが満ちていない状態のままなら今ここから移動することを拒むでしょう。変化していくことを受け入れられないのです。
それが悪いわけではありませんから、そんな自分がいたのだとしたら、わかった時点でその自分を受け入れましょう。責めたりしないことです。落胆しないことです。今取り組んでいこうとしている自分という存在は、誰よりも世界で一番これまでの蓄積によって存在している自分自身の味方であって、いかなる状態であっても自分の敵ではありません。
もし責めたりがっかりしてさげすんでしまう自分がいるって気がついた場合には、その感情の理解や解放が必要ですから、自分にはワークが必要なんだなと理解しましょう。様々な心の専門家の人に手伝ってもらう必要があります。
過去や人や何かに縛られたまま不自由なのが人生じゃなくて、人生は自分が生み出していくもの、作っていくものです。

2018.04.27 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3203-83d06398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)