漠然となんでだろう、どうしてだろうってただ思うという日々に、明確な答えが出る日はなかなかにやってこないでしょう。
明確な具体的な「問い」が必要なのです。その問いは、他者の真似から出たものや何かからのコピペじゃなくて、自分から自分へ生まれた問いであることが重要です。
探し物の旅の準備に必要な材料は、本当には今ここに揃っている、でしょう。ただ今は、見えていないだけ。無いと思えるだけ。まだ発見していないのが現在であるなら、この本当にはあるという現実を知ることからが始まりかもしれません。「嘘でしょ、どこにあるっていうのよ、見えないよ、どこにも…」という思いが起きるなら、それは大切な経験です。そこにこそ自分の感情が溢れているでしょう。経験は実感で、自分にとっての本当のことです。どこかにある正しいはずの答えを手に入れることこそが重要だ、という思い込みを手離そうとし始めるといい時、そのタイミングなのかもしれませんね。
さて、そこに在るのは、落胆でしょうか絶望でしょうか。それがあなたのリアルな感情です。

2017.09.17 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3110-0315612b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)