例えば、瞑想の型としての初期の練習の先には、自発性の旅が待っています。どう出会うのか、何の意思を発揮するのか、何を受け取るのか、どう気付くのか、など様々な体験が待っています。
sana のところでは現在は、個人やグループでのタロットパスワークによる瞑想の練習と体験、そして見たものの解釈の実感と9分割の理論からの練習などを展開中です。
瞑想の中で体験し見たものは、10年後に自分で見たとはいえ驚くことになる、という場合も少なくありません。この肉体とは別のもう一つの体の存在(光の体とかエーテル体などとも言いますね)をさらに当たり前にしていけたら、と思います。

2017.08.26 Sat l 誘導瞑想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3102-f3e8adce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)