本当に困った状況になった時、耐えられない状況が来た時、その時が自分が変わるチャンスの時です。意思をもって自らの言動を変える時期です。それは具体的に、それまでのものとは違う耳や目を用意していくということです。これまで当たり前だったものを変えていくことになります。それは聴こえ方を変える、見え方を変える、ということです。捉え方を変えたとき、それは受け取る心が変わった時です。
日々の瞑想の積み重ねが、ある時役に立ってくれるでしょう。時に、被害者の位置や弱者の位置に入りたくなることもあるでしょう。そういう時こそ前進を阻む、歩みを止めるワナなのだなと捉えていく練習をしていくといいです。練習が進むと、こういう場面に出くわした時にニヤリと笑う日もやってくるのデス。バージョンアップし続けることを当たり前にしていくといいでしょう。これでいい、という完成、あるいはゴールというものは存在しないのです。なのに喜びがある、それがいったいどういうことなのかは、求めてゆく人が体験する実感の世界のようです。

2017.07.16 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3082-cc2245db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)