壁にぶつかってるというような状況がやってきている時、これは時に誰にでも経験のある事だと思うのですが、そういう時には実際は「向こう側へ渡る」チャンスが自分に来ている最中だ、という視点を当たり前に持っているでしょうか?
これまでの考え方や行動の仕方とサヨナラする時であり、それは物事の捉え方を新しくしていくポイントに差し掛かっているという時です。感情的には、もちろんそれどころではないはずです。真っ青だったり、怒りまくったり、あたふたしたりなど、様々でしょう。ここも当たり前のこととしているかどうか、です。ただ呑み込まれてしまうだけではなく、いくつかの違う視点で捉えよう、それは可能なのだ、と信じて練習ことを心がけていくことで、ほんの少しずつ変わっていくことになります。これは自分に向かう自分づくりの積み重ねです。
例えば、突破するということの意味を探し続けていく日々、というのも同じだと思います。一つの言葉にしても、ネガティブな捉え方とポジティブな捉え方の両方を話せるかどうか、ということも練習になるでしょう。様々な思い込みというものがすでにそのように自分に存在しているということの衝撃的発見につながるでしょう。心が動くってスゴイことです。それは、知ってしまった、のです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク&セッションでの日々の取り組み、報告など気軽に連絡ください。
ワークの報告・連絡用フォーム

2017.06.30 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/3074-5e4c2c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)