私は成長してゆく、って自分が決めてしまうと、そうなります。自分は迷うぞ、迷うもんだぞって信じ込んでいると、やはりそういう現実を生きることに繋がります。
決められる日がやってくる、そんな気持ちになる時が来るはずだろうから、だから今は来てないしそうなっていないから決められない…っていう状態に陥ってしまうことがあります。10年20年と長い時間をかけて達成してゆくことほどその傾向にあるかもしれませんが、日々のいろんなことまでもがその傾向にある場合は要注意。無自覚に誰かに何かに期待している時、自分の内側にある欲求に素直に向き合っていない時にもそうなりやすいでしょう。ダイレクトに、誰かに決めてほしい、何でもいいから欲しがられたいと考えている人もいたりします。
喉の渇きは自分で潤すことが、振り回されない人生を作っていく歩き方のひとつでしょう。そのためには、喉が渇いているという自覚にたどり着くことが先です。まずは無自覚になってしまっているであろう自分の欲求とひとつずつ丁寧に出会っていくことに時間を使っていくこと、様々な実体験を重ねていくことです。決めるとそうなります。自分がそのように歩きだします。感情に揺らされ振り回されることばかり重なっていく日々が終わっていくでしょう。

2016.12.25 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2973-9ca26620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)