出来てしまう、見えてしまう、そう感じてしまう、だからそれらはこういう意味なのではないか、正しいのではないか…、ということをアテにしていて日々のちゃんとした基礎練習と精神性についての学びを志すことを忘れた透視は、欲望の道を歩いている可能性を示唆しています。言い方を変えると、自分の軸を作っていない状態で他者の感情について知ろうとするのはコトを急ぎ過ぎているという状態で、それは自らの感情問題に先に目を向ける必要性があるよと教えてくれている状態です。自らの感情問題とは、期待、欲望、などです。普段から抑圧傾向の人は要注意しながら、自分との出会いをたくさん起こしてゆくことが、次に繋がっていく歩き方でしょう。

2016.11.14 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2955-ba5e4e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)