立ち位置によって立場によって、言い分は違うことが多いのは事実だし、本当に正しいのはどちらか?という見方さえ実際にはニュートラルではないこともあると感じることがありました。様々な感情体験をしに私たちは地球生活を送っています。占星術のチャートを見ると、その人なりの信じ込んでいるものがあって、信念体系があって、その中で繰り広げられゆく正しいとか間違いとか、だったりします。何をどこから見ているのか、近視眼的なのか俯瞰なのか、火地風水の元素の何が多いかによっても優先していることは違うし、活動・固定・柔軟の何が多いのかによっても言動のあり方は違ってくる。あらゆることに詳しくなろうとする姿勢を先ずは用意して、12星座に詳しくなっていくことを目指してゆくと、「すでに偏っている自分」を見つけることができるようにもなります。まだ理解できていないところに意識を向けて学んでいくこともできます。これもまた結局はより自分に近付いていくことになるのですよね。

2016.04.14 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2871-389223c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)