変化を望むなら、今以上を望むなら、そういう時は意識して、自分よりもものを知っている人、尊敬できる人など自分と段差のある人たちと積極的に関わることを選択しましょう。本を読むっていうのもそういう行動のひとつ。直接知っている人ならその人たちの言動から何かを真似始めてみるとか。
会社から評価をもらいたいなら、仕事ができる人になるために集中すればいい。そうじゃなく他者になんらかの評価をされたいなら、結局は自分自身と関わることに多くの時間と心を向けることが重要になるでしょう。例えば今のままの自分をただただ受け入れてほしいと思っていたとしたら、それはおそらく愛への憧れ。無条件の愛への渇望。それは人生の中で長く探索もされず無自覚なまま放置されることともあって、そうした場合はむさぼリ取ろうとする愛へと変貌していくものですよね。

2016.02.23 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2847-865f3061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)