自分の欲求にまっすぐであること、に意識的になってみるというチェックを時々するというのもおススメです。これは、何かしたいことや欲しいものなどが自分の中から発生した時、それがまんま自分の内側からの素直な欲求なのか、他者や環境からの影響を受けて欲しがっているところがある盛ってしまっている欲求なのか、ということを感じてみる、確かめようとしてみる、という時間を持つ、ということです。
こうだからこう、とか、これがああなるとこうなるからそうするべきなのだ、とか、様々な何かを経由していたり、欲しがることが正論になるような理由をわざわざ用意している自分がいるとか、まっすぐになっていない願いがあるかどうかチェックしてみましょう。
本当には、欲しい、したい、なりたい、という単純な感情でOKなのですよね。だからこそ、欲しいままにそれを手にするために行動を起こすという次のステップに移ります。それ以外の言葉が増える場合ほど、何かから逃げきるかのように正当な理由がいくつも語られたり、説明は長くなり増えていく。我々は、時には本当に欲しいものを自分に隠して、お門違いな違うものをわざと欲しがっている時だってあります。本当のことに気が付かないようにするために。それはなにか…。自分の隠された感情がその秘密を握っています。
自らの感情に、欲求に、まっすぐにあれるかどうか、ということも、願いを叶えていく場合に大切なことです。

2016.02.05 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2841-353733b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)