来月から新たにパスワークを始めるクラスがあります。月一でなのでゆっくりペースで進むことになるでしょう。他には個人セッションで進めている人もいます。瞑想や探査の練習会も来年は初級や中級をしようと思っています。

変わりたい、もっと変容したい、というような、今ここよりももっと、という欲求があると単調な繰り返しの練習は苦なく積み重ね可能です。苦だと思う人はそれらの練習を「ねばならない」こととして捉えている可能性があります。自分でチェックしてみましょう。その場合は自発性ではなく、言われたからやらねば、正しいからやらねば、そうするとこうなるらしいからやらねば、といった、依存性から発生している行動の場合があります。だとしたなら、カタチだけであって中身をまだ入れ込んでいないという状態ですので、思うような結果がなかなか訪れてくれないという体験になりがちです。理想と現実の違い、に直面するわけです。
そんな時も自分を責めることなく、他者の言うことを聞きたい、聞いて褒められたいとか認められたいという、依存したい自分の理由や言い分をたくさん聞くことにしましょう。まずはそこからです。1時間でもそのことに時間を作ってたくさん自分の話を聴くことを実践したなら、効果は出るでしょう。簡単にはこれは自立、自分で立つということの練習です。ほんの小さな自立からやがて大きな自立へと向かう行動です。
時にここで次に問題となるのは、「それで、どうやったらいったい自分の言い分を聴けるの?」ということだったりします。
さぁ、どうしましょうか? 体験すること、実践すること、そこに居ること、から離れて思考でなんでもを解決させてしまいたい場合は、結果的に上手くいかないなぁ、ということを経験することが多いでしょう。思考することでは自分から出続けている行動の様々は変わっていません。思考するだけでは自分は変わってくれないのです。
肝心なのは、感動することとか、衝撃を受けること、と言った方が近いでしょう。「自分の心」が何らかの打撃を受けることで何かに気が付く、ということが自分に起きるまでは、人の行動は変わらないものです。
もちろん各自の自分との出会い方の進み具合によって、悩める内容は変わっていきますので、ここはその道のプロの方にサポートしてもらいながら進むといいでしょう。
また、絵本にはじまって人生が描かれている本をたくさん読む、新旧の映画をたくさん観る、流行りの曲ではなくクラシックに触れる、など、ひとりの時間にも自分と出会っていくために準備出来ることはたくさんあるのですね。ここにも感動や衝撃というものとの出会いがきっとあるはず。一日の時間を目的意識のために大切に使うことを実行するのもまた自立の練習です。

2015.11.21 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2804-268ff8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)