昨日今日のワークからのメモ。みたいなものです。
それは、待っていても来ない。自分から身を乗り出すように、飛び込むように、そちら側へと意思を射出するように意識を向けることで、それはそのものが取り返しのつかないとある方向への決断なわけで、自分が自ら向いた方向への責任が発生する。そこには発見が多く存在するし、学びの海のようで。さらに次へと向かう自分が居るか安穏としたい自分が居るの決断を瞬間試される繰り返し。
まだ自発性に移動していない場合は、それを引きうけるかどうかで迷って(無自覚な場合も多いけれど)、周囲への意思決定役への依存性を発揮する場合も少なくない。自分で考えないまま、流れを見てからどうするかを決めるというあり方が習慣になってしまうと、そこから出ることも考えなくなっていく。それは悪いことではなくて、どう歩いていきたいかの好み次第で、欲求の自覚に焦点を当てるのがジャストタイミングということ。

2015.10.21 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2782-abc60019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)