現在、ヒプノでタロットを歩くというワークを進めているSさんは、今回いつも以上にひとつずつのパスを丁寧に歩いています。解釈も同時に手に入れながら、更なる質問もしながらどんどん先へと進むという側面が発生するので、誘導瞑想でのパスワークとはまるで違う質感です。ご本人の体感もかなり違うようです。
これは、ヒプノによるタロットパスワークなので、今回個人セッションの形を採用して進めています。それには理由もあって、何度目かのパスワークで慣れていること、さらに深いレベルへと意識状態をコントロールできるようになっていく目的があることや、今現在抱えている自身の問題点の解決、さらに思い込みを外しつつ自分自身とのつながりを深めていくことなどを同時に実践練習している状態だからです。0・愚者から21・世界までをまずは目指している最中です。

2015.10.15 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2778-594cb743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)