それぞれの個性がこの地上で発揮されるといいね、ということで。いろいろな角度から皆さんと一緒に出生図を見ながらお話ししていきました。
後になってみるほどに、自分は出生図の通りに動いていて、例えば2ハウスの天体を使って(私の場合)行動してるなぁーって思うのです。自分を突き動かすものっていうのがある。その感情の通りに実際行動をどこまで行うかは今ここにいる私にかかってる。私がそのサイズを選び、行動し、経験と実感を獲得していくことになるわけです。
ここで重要なのは、基本ベースとしての人生への考え方。より成長していこう!と常に考える人は同じ所にとどまることをよしとはしないものです。バージョンアップへと向かうのですね。ここでいうバージョンアップは、心のあり方ということです。時には出世と捉える場合もあると思いますが、それもそれを起こしていく底辺にあるのは心のあり方、です。
育っていこうとする人は、「知る」ことへの欲求が強いでしょう。起きることや身の回りにあるすべてがメッセージで学びだとしたら、と仮定しつつ日常を歩くことも可能なのですね。受け取れることはたくさん。この世は実はギフトに溢れてるのだと思ったりします。
こういうことも占星術を学ぶという位置にいることの楽しさと繋がっていると思います。「知る」ということは「聞いて知ったことを行動に移していけるか」ということとセットです。読書して感動して終わりというのではなく、自らの人生への落とし込みが必要なのですね。そうして、それらは結局、すべて自分自身との出会い、です。

2015.09.03 Thu l 占星術 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2754-a97abfcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)