育ちたいということは、自分を育てたいということです。自分を育てるということは、自分の弱点を乗り越えていくために具体的な積み重ねを行動するということでもあり、可能性を信じて実践していくということでもあります。自分を信じるということはとても重要なところ。自分を信じるということは、自分の信じようとしているものを信じることで、それを信じている自分をさらに信じることです。
「疑わずを信という」という言葉を子どもの頃に父親から聞かされましたが、くれぐれも他者を、ではないのだよと注釈が付いていました。宇宙を、なのだと、言いました。けれど子どもの私にはよくわかりませんでした。そんな私に父は、旅をすればいつかわかる時が来るよ、そう言いました。
周囲を見るのではなく、比べるのではなく、自分の願望を信じて行動を重ねることでいつかそれはやってくる、ということが願いを叶えるということの歩き方で、これも練習なのだと知った時があるのでした。人が成長するってそういうことでもあるのだなと。

2015.08.30 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2751-2f00482c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)