robo

映画館にいたので記念写真。ターミネーターは懐かし過ぎます。この映画は人気でシリーズ化されていますが、一番最初が一番好きです。中でも、主人公の女性が荒野を運転しているシーン、未来に立ち向かおうとする風景と彼女のたくましさ、が当時強く印象に残りました。この主人公の女性ががサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)です。
確か公開が1984年だから、私は金星期に入ったとこ。1991年の2作目までは盛り上がっていたので、その頃は金星期の終わり。この頃の私は、人生の中でどう生きていきたいのか、何を生み出せばいいのか模索している時代でもありました。面白いことに何かを自分から出すことで生きていくのだ、ということだけは決まっていて、その生み出す「何か」がわからずに悩み葛藤し続けていました。いろいろなことに出向いて具体的に触れてみては、これじゃないと落胆し、その「何か」が存在しているのかわからないまま、もっと違う何かなんだと、ずうっと探していました。当時は苦しかったですが、今になって思うと、探すってとても大切なことです。そんなことを思い出しました。

2015.06.06 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2694-bdb29929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)