3歳の人が主導権を握って、意思を発揮するということもあるのだなと、本日そう思う出来事がありました。彼には明らかに予定があるらしい。環境の大きな変動とか、大人たちのある意味勝手な動きなど、そういうことに巻き込まれて被害者側や傷つく側に居るのでは無く、自分がどうあるかをしっかり見つめている少年でした。
私はある意味、大人の人と同じように接し、お話しをさせていただきます。彼が見ているのはいつも、ちょっと先の未来でもあり今この瞬間でもある。大人たちの刻々と動き続けている感情にとても繊細で敏感。さらには自分をどうするのかを考えている、感情のはっきりした人なのでした。

2015.06.03 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2692-650f58c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)