誰かに頼りたいと思うのは、普通のこと。間違ってなんかないです。誰かと一緒に生きていきたいと思うのも、また普通のこと。誰もが人生の中で時々に感じることだと思います。
けれど、何もかもを面倒見てくれと言うのであれば、それはきっと長続きしないでしょう。誰かがここから引っ張り出して幸せにしてくれるはずなのに、なぜそれがあなたじゃないの?と出会う人に怒りが沸いたりするのも同じです。うまくいかないことが多いでしょう。
それは、一方的過ぎるからです。いっとき近寄ったとしても、片方が重荷に感じる日がやってくるのは早いでしょう。しかし、お互いを持ち寄って共に作り上げていくものであるならば、お互いの違いは時にケンカとなろうとも、さらに深くわかりあうきっかけにさえなり得るのですよね。
このあたりの違いは大きいです。くれくれ魔神になっていると、それは来ないことが多いです。欲しいものを明らかにして、具体的にして、自らが動き出すことで周囲は協力的にさえなっていくことを知ると、出所全てが自分次第なのだと思い知ります。
自分の行動力の出し方をほんの少し変えるだけで、それになる、ということも、数多くのなんか違うという思いを経験していく中で、やがて発見する宝物なのかもしれません。全部が材料です。間違ってるからもうこれはいらない、成功しないなら不要だ、というものではないのですね。気付くコトが出来るはずの瞬間に、勝手に先走って後悔したり責めたりしていることもあるかもしれません。
まずは、呼吸も浅くなっているのなら、そこからにしましょう。ゆっくりと深い呼吸、肩をまわして、胸を広げて、きゅうきゅうになってしまっている自分をすこしでもやわらげてやるところから。これも大切なひとつです。

2015.05.31 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2688-df01ef8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)