映画を観てきました。内容や感想はもう何も申しますまい。(笑) 笑いあり涙あり、人の心について考えさせられるところあり、のお話しでした。長い作品ですが長さはまるで感じませんでした。
滴り落ちる水の音、風景、薬草、女たちの声、背中、嘘と真、愛と愛情、投げかける側と受け止める側と。
「駆込み女と駆出し男」です。気になる方はご覧ください。井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案とした作品だそうです。
私はね、自分の陰と陽の働きについて、左右問題について、考えさせられたりして。模索探求は、充実感たっぷり。

2015.05.29 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2686-337efa57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)