ノーアスペクトの天体について考えていました。例えば、水星や金星のノーアスペクトはその特徴が活かされて逆にラッキーなことにもつながりやすいので、否定性をもった話にはなりにくいのですが。例えば太陽のノーアスペクトの人はどうしたらいいかわからないんです、という発言をされることが少なくないので、困ったことという判断になりやすいのもよくあることのひとつ、です。ですがこれも特徴をよく知るということで、否定性からの判断に陥ることも無くなっていくのだよなーとあらためて感じておりました。太陽がノーアスペクトの人は数年単位でやることがまるで変化していったり、関わる相手との間でやることが変わったり、ということがあります。独りで長期的に何かに向かうということを意思したり設定したりしにくいということでもあります。ならば、関わる相手が重要ポイント。自分の太陽に対して相手の天体がどの位置からエネルギーを流し込んでくるか、そういう視点からも対人関係を考えることもできるし、仕事の発展や改善を考えていくことも可能ということです。特徴を生かすなら、否定しないということがポイント。それにはその道があるのですよね。

今日は、夜中の間に牡羊座での新月。サビアンシンボルでは29度「天球の合唱隊が歌っている」です。言葉で表現できないような雰囲気とか目に見えないけれどそこにある空気感を鋭敏に察知するという意味の度数です。音楽を聴くとか瞑想をするなど、ある意味宇宙とのつながりに積極的に向かうといい感じ。その中で、これからの自分の歩み出し方を再確認できたりするかもしれませんね。なんてったって、この後には太陽は牡羊座から牡牛座へと移ります。身体ある世界へ、具体的なことへ、実際へ。

2015.04.19 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2647-e3d437e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)