ほんの5gの銀粘土は、800度の窯で焼成されることで、純銀に変容してしまいます。粘土から純銀が生まれるなんて、夢みたいですよね。私はそう思ってビックリしたことを思い出します。でね、銀にまるで恋をしたかのように、さっそくアートクレイの資格を取って制作しては販売するということを多くしていた時期がありました。
数年前から、技術をお伝えすることや、「立体ライフシンボル」としての活動の方に軸が移っていきましたが、久々に銀粘土と出会った頃のことを思い出しました。新鮮な気持ち、未来への希望とか不安とかを抱えながらのトキメキの気持ち。

2015.02.25 Wed l アートクレイシルバー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2597-46fdb482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)