今日のタロットワークは、12・吊られた男、でした。このカードが得意か不得意かということは案外重要で。例えば、身動きが取れないような状況になったときに、自らの内側からの創造性を発揮できるかどうか、ということです。時に自ら進んで積極的に吊られた男を実践して創造性を発揮する場合もあります。どこか情報を遮断できるようなところに籠もって、ただただ何も無い状態を体験していくとやがて自分の内側から生み出されるものがあるのですね。
今日はクライアント役のOさんが参加。ご自身の今の悩みを本当に相談して、お勉強中の方々がそれに答えていきました。なかなかに難しそうな相談事もニュートラルな姿勢でいることを心がけることで、見えてくるものがあります。解けそうにない絡んだ糸も、思考を使わずに集中して質問と質問者のエネルギーに意識を向けることで、どこをどうすると道が開かれていくのかがどこかしらわかってしまうというような状態になっていけるのです。やっぱり練習です。
さて、Fさんは今日でひと区切りです。これで数日後に東京から次の活動の軸となる場所へ移動されます。が、来月からもアトリエに通われるそう。ならば、と、ただ今どのようにワークを組んでいけばいいか、時間割も含めて考え始めているところです。

占星術初級のコースでお勉強中の皆さんへ。牡牛座・乙女座・山羊座は地のサイン(星座)ですね。これらはホロスコープに置いてそれぞれ120度の関係です。例えば、牡牛は固定宮で動かない山の如し。反復練習によって体に覚え込ませたことは忘れません。得意分野になります。よって職人のような仕事も向いています。しかし軽快さはありません。自説にこだわり過ぎるところもあります。五感がキーワードでしたね。などなど、楽しみながら復習してくださいね。

2015.02.20 Fri l タロット l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2594-2b6c0a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)