昨日はサイキックワークで、それぞれの方の可能性が開かれるきっかけとの出会いが起きていたなぁ、と思いました。飛び入り参加でいつもよりお一人多かったわけですが、化学反応は起きるものだなと。
可能性が開かれる瞬間、一見へこむような出来事と一緒にそれは訪れたりします。けれど、「知る」ということを受け入れた時、道が開かれることになります。
例えば、地球のこの地上では老若男女の皆が一緒にお勉強中です。そう考えてみると、他者が自分をわかってくれない、自分がひどい目にあわされてるという視点が本当にはそうではないんじゃないか、ということにも気が付けるかもしれません。お互いが共に懸命に生きて共に迷って共に道が見つからぬ状態であったりもするものです。望まぬ感情の行き違いやお互いを否定し合うようなことがなぜか起きてしまったりしているものです。
これらがひとつずつ解けていくということが、起こせるとしたなら、素敵なことだと思いませんか? 魔法のような魔法じゃない現実的な話です。

2015.01.29 Thu l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2576-e2607602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)