今日はミラクルムーン。「後の十三夜」だったんですってね。171年ぶりだって。
そんな本日は不思議なことですが、「愛の渇望」というテーマで進んだ日でした。夕方までの相談は、愛されるという愛が欲しい、特定の対象を奪いたい、しかし自分に愛を与えてほしいのに自分には受け取る価値がないとも思っている、という内容でした。
さらに夕方からは、愛をいかに受け取り与える人になっていけるか、という課題に取り組んでいるという内容でした。
それぞれの方が「愛の獲得」というテーマで悩み、取り組み、という中にいらっしゃるようでした。
例えば、「特定の愛」を貰えないからいらつく、腹が立つという症状の体験。自分だけを見てほしい、どうして自分じゃダメなんだ!という怒りが消えない、とか。
さらに例えば、「受け取る愛・与える愛」のサイズを変える時に来てしまったからこそ、次なる愛の本質に向かおうと挑戦しているという最中にあるという体験。許し、目前の答えではなく大きな時の流れの中での愛の存在を信じてゆけるかということ。魂のご縁とか地球でのそれぞれの学びとか。求めない愛し方、とかね。
そんな一日でしたよ。
解決のためのキーワードは、例えて言うなら「環境に支配されるということ・されないということ」です。
探しに行きましょう。自己の内面に。この11月、蠍座の季節だからこそ対象への集中力やエネルギーを探求に向かわせるのも、効果的だと思います。ちなみに11月22日の夜には火の星座である射手座の新月です。どっぷり浸かることができるのはそれまで。積極的に活用を心がけるといつもよりも深く掘り起こせるのではないかな、と思います。

2014.11.05 Wed l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2499-f953ad98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)