自分の感情に責任を持つ、練習をし始めている人がいます。すでに対人関係などで表れてしまっている自分の言動の、その奥に隠されている本当の感情を自分で探して見つけて、受け入れて、そうしてあらためて言語化していくという挑戦です。
なかなかに簡単ではないこともあるのだと思うのですが、実際練習していく実践の中で少しずつ上手になっていくと思います。
もんどりうって、七転八倒、時には頭痛や吐き気、気持ちの悪いもの、そういう存在も否定せず、あって当たり前なんだとしてやるといいです。良いも悪いもないということを経験しやすくなる。向こう側に渡りをつけやすくなるというか。
慣れてくると具合悪くなってる最中に「キテるー!」と喜んでしまう光景も考えられるわけで。
はい、ある意味変態です。傍から見ればそう見えると思います。(笑)

2014.10.20 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2479-cb55e97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)