今日の誘導瞑想から。
自分の欲求がわからない…ということが起きたりします。そう言いたくなる時が訪れたりします、ということです。感情に出会っていくということをし始めると、それまで思考で選んでいたことがいっぱいあって、欲求とは違っていたということに気が付かされることも起き始めます。ひとつずつその思考を外して手離していくのですが、丁寧な扱いが必要です。これは方法論ではないから、です。心は生きもの、なのですよね。
そうして、本当には全く気が付いていない欲求というものはなかなかなくて、どこかしら気が付いているものだったりします。正面から見て、その感情に責任を持つ覚悟が出来ていない、という場合も多くあります。
いずれにしても、自分が自分のことを受け入れていくことなので、何が出てきたとしても、受け止めていくことは可能です。それが達成できないから言う価値が無いということではありません。インナーチャイルドは何が何でもそれを達成したい!のではなくて、聞く心を、添う心を待ち続けているのでしょう。

2014.10.18 Sat l 誘導瞑想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2477-cb3ccde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)