今晩月食です。その直前に明日のアートワークの授業予定を急きょ変更して本日「満月直前、月食をむかえる会」を行いました。Oさんが明日は急な仕事が入ったというので、突如今日になったわけです。
今という現状をある意味壊して、意思をもって未来を作っていく感じがある最近の空模様の中での月食です。なので、手離すものと掴んでいくものと、という話になりました。これまでのカタチを手離し、中身をもっと実感して押し出すことを意識する。さらに、もっともっと自分の欲求に素直になるってこと。子ども心のままに叫ぶことを自分にさせてあげよう!ということや、理屈じゃなく欲しいもの、したいことは、分析なんてしないまま言葉にして自分に向けてはまず音にしよう!ってこと。ジャッジは手離して、まず素直な感情を自分が受け入れること。良いとか悪いとか正しいとか間違ってるとか、常識とか非常識とか、そういう比べる物差しはみんな一度手離してしまいましょう。練習がいるかもしれないけれど、自分に好きなこと言わせてあげよう、っていうところから始めましょう。
自分に価値を与えるのはどこまでいっても他者ではありません。自分自身です。自分という存在をこの地上に置いて思う存分歩いていいよって許可与えるのも、自分です。
自己を自分では否定しながら誰かに許される日を待ち続けているのなら、その日まで何も達成されることなど無いと信じてしまっているのなら、それは一向にやってはこないでしょう。自分の輝きは自分が発見していくことが大切。どんな自分でも自分を見捨てることなく拾いまくって生き抜いていく日々が、自分への愛を育てていくことにも繋がっているでしょう。それは結果的に、他者への愛と深く結び付いています。自分にとって一番いい環境とのご縁も生まれるでしょう。そうしたいけれどどうしたらいいかわからない…という人は、まずは自分の心のケア(傷を癒していく)をしていくことに積極的になっていくといいです。この地上には、様々なセラピストの方がいらっしゃるので、縁ある方の助けを借りましょう。

どんなにこの地上で、社会で頑張ろうって思っても、感情が抑圧されすぎていたり、破裂しそうなくらい膨れ上がってしまっていたなら、頑張り切ることは難しいんです。私たちは感情の生き物だから。身体が動かなくなってしまったりもするのですよね。
経験の中で自分にも隠してきてしまったたくさんの辛い悲しい思いや衝撃を癒していくことは、痛んでる自分が自己を責めることなくそのまま自分の中に居ていいよってことを、自分に話しかけるのと似ています。自分の感情に、インナーチャイルドに、寄り添う存在に今ここにいる自分がなる瞬間。たくさんのギフトがきっと降り注ぐことになるでしょう。宇宙は全ての存在にノージャッジなんです。
ひとつの節目となるだろうこの月食、自分とともにお過ごしください。

2014.10.08 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2466-17dd9020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)