十牛図のリアル4図に出くわしました。とある方の大きな気付きの現場です。気付いたことによって、本人が言うにはこうしたい私ともう1人のそうしたい私が大喧嘩し始めたのだと。そう言って目の前でたとえばこのように…と実際やってのけてくれました。熱入りまくり、見ている方が脅かされるほどに、怒っていたり声を上げたり、言い放ったり。大ぶりなジェスチャー付きです。根負けするかなんかわからない、言い張ってるから、戦うんだ、もう無かったことになっかできないから、あるんだと言い張るんだ!と彼女は言っていました。これは未来の保障など無いけれど熱を感じるひとつの欲求に対して、それを肯定する自分と否定する自分のことなのだそうです。いよいよ次のステップに渡ったね、という感じ。これからが、自分との会話の実践編です。
世間から見ても、周囲の人たちから見ても、受け入れがたいものというのはあります。けれど、自分を手離さず自分の特徴とより一緒に生きていくために自分に近寄っていくためのあれやこれやはやりがいもあると思います。いつか必ず答えが出現する瞬間に出くわすのだから。

2014.09.20 Sat l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2444-67aa5ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)