例えば、困った時に、本当に困った時にどうしたらその現状を打開することが出来るのか? 打開の仕方にもその人の特徴が綺麗に表れます。私は、自分という存在の表面の自我が困れば困るほど、別の感情がとある臨界点に達するのを感じ、その時にどのくらいの情熱で本気で何を叫ぶように意思するかで環境からの反応が起き上ってくる、という自分の特徴とかクセのようなものを理解していきました。すると、欲しものに対しての情熱がどのくらいで、自分が実は本気か本気じゃないかが判明していきます。この情熱のボルテージが上がるかどうかが重要ポイント。口だけで、あるいは表面の自我だけで「欲しい」と言ってみているだけでは大きいサイズのものほど手に入りにくくなります。手に入れていくには、本気で手に入る、ということを信じてしまう必要があるのですね。その上で、欲しいと望むか、今は必要ないと望むか、ということに。
なんてことを本日考えながらおりました。やっぱりね、願いというものは叶うものだと思います。

2014.09.17 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2441-2d3c406b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)