土星について、の話があちらこちらで妙に続いている本日でした。先日ここに書いたNさんは地の星座の活動宮。例えば私は、火の星座の活動宮の土星で、12星座でいうと牡羊座。個人の出生図の中にある土星は、社会的最終的にどのような位置に行くかとか社会的達成度を表すものとしてみたり、その人の苦手なもの、年齢を重ねて得意になるもの、身近にいた年長者がどういう存在だったか、その人の常識、ルール意識の範囲、長期的に時間をかけて熟成していくもの、などを見ていく天体です。
他の言い方にすると、土星は、漬物。塩で長期保存可能にされたものは土星管轄の食べ物です。梅干し。発酵食品もそう。
例えば簡単に見ると、この土星が双子座の人は落ち着かないお喋り好きなお年寄りになるだろうし、牡牛座なら重厚感ある職人肌のお年寄りになる。とか。牡羊座は手の付けられない元気なお年寄りに。Nさんは、山羊座の7度という度数であるがゆえに、森と里との間に存在する予言者に。終わりを告げるのが得意というもので、土星だから望むなら仕事に出来るんです。最近数年間はこの土星に現在の空にある冥王星が重なっていたため、土星自体が生まれ変わって新しい動きをそのうちし始めることになるかもしれない。新しい予言者。

2014.09.15 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2439-fb26f170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)