昨日はアートクレイシルバー(銀粘土)で制作する開運アクセサリー講座「立体ライフシンボル」の日でした。タロットをテーマとして制作し続けて自分自身との出会いを探求中のFさんの昨日の作品は「13死に神」でした。これは、生命の樹でいうと「太陽と金星の間のパス」です。太陽意識の開発に向かう自立した姿勢や金星意識の環境依存度がわかるのがここ。ものごとや人生での整理整頓力や掃除力が表れます。それは今の自分に関係ないものを捨てる、手離すということを選ぶという意思、その意思力と関係します。願望実現には欠かすことのできない部分ですね。
4つで起承転結というセットの人生の運営の雛型をテーマとして制作しているOさんは、3つ目。これはおそらくは制作しなおしをすることになるのでしょうか。あるいはまだ途中だったので、デザインを変更するということになるかもですね。無自覚すぎる「低自の感情」のメッセージについてもっと興味を持って知っていくと、道は開けると思います。現段階では、自分への評価を高めていくためにできることをいろいろとしていくといいかも。浄化も含めて。

2014.08.29 Fri l ライフシンボル l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2420-cb66fd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)