今日の誘導瞑想の会から。
私たちには「軸」が必要です。軸を持つということがどういうことなのか、頭で考えることから始める場合もあるでしょう。それでももちろんOKなのです。求める意思は継続されゆく中でさらに成長し、軸というものもまた成長していくからです。
ですから、焦ることなく今ここを練習しましょう。大きく未来を心配することにフォーカスするよりは、今ここにいる自分が実際できることに気持ちを向けましょう。
背骨のラインを意識しながら一本の光の軸が身体の中心を通っているとイメージすることも役立つでしょうし、9分割でいうところの(立体ライフシンボルなどでよく使っています)縦の真ん中のラインである月・太陽。土星。冥王星ということの意味を模索し知っていくという道のりもまた意味は大きいと思います。
また自分の行動を振り返り、人生に、生活に、言動に、目的に、一貫性があるかどうかということに意識を向けてみることを始めるのもいいでしょう。求めていること(理想)と実際行っていること(現実)が大きく違うのか多少の違いか、これもまた軸のあり方のチェックができます。
新しい自分の視点を用意することも練習なので、失敗は当たり前です。たくさん練習していくと失敗にがっかりするという固定された考えもいつしかなくなっていくでしょう。がっかりする自分を見ていながらそこに沈み込むことなく影響受け過ぎずに意思ある行動をする自分も作っていける、ということになります。感情を否定することなく未来を創造する私、ですね。

2014.07.19 Sat l 誘導瞑想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2378-b359361d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)