自分の言葉を音にすることはとても大切。日ごろから自分の些細な感情の変動に興味がある人は、瞬間瞬間動き続けてゆく感情を自覚することが喜びかもしれません。慣れていない人は、自分の喜怒哀楽に飲み込まれる方が当たり前になっている場合もあるでしょう。今自分は何感じてんのか、って思いを向ける静かな1人の時間を少しでも持つようにしていくといいでしょう。忙しすぎちゃうと時間に流されることが当たり前になっちゃうから、自分が置き去りになりやすいものです。ちゃぁんと怒ったり悲しんだり、喜んだり夢見たり、楽しんだり、忙しい社会から見れば一見無駄なこと、無駄な時間だと思えるようなことをわざと拾ってみる、そういうの実はとっても大切です。
いろんなこと語ってくれた自分に、ありがとうを伝えましょう。

2014.07.14 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2373-67148924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)