例えば、「立体ライフシンボル」も生み出した言わば母親という存在の方がいます。この方は長くこの理論を学び続けて活動し「立体ライフシンボル」を世に送り出しました。これはアートクレイシルバー(銀粘土)を使っての「絵画療法」の立体版なわけですが、実際のシルバーの側面からと、この「ライフシンボル」理論の考案者との2人で作られ地上化したものです。
私は普及ということにおいて活動を続けさせていただいています。詳細お知りになりたい方は、sana に聞いていただくか関係者に聞いていただくといいでしょう。

2014.05.27 Tue l ライフシンボル l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2317-98f85f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)