自分に何がしかの欲求があったとして。例えば、それを受け入れようとした時に起こりやすいのは、手に入らなかったということが起きたらどうしようという未来への怖れ、だったりします。それゆえに、素直な内側から起こってくる欲求を自らが否定してしまうなんてこともあります。
だって、傷付きたくないでしょ。だって、失いたくない、でしょ。欲しいものをただ見つめて嬉しい自分といつか手に入るかもしれないという期待との中にいて、それが一番いい位置だと、納得しようとする場合があって。ようするに欲しいものを失いたくない、という心情だったりします。

自分が何もかもを勝手に決め込んでしまっている、という自分に気が付けたなら、未来が明るく感じられるかもしれません。この地上には、欲しいものが絶対手に入るなんていうような保証はどこにもないんです。それは地上で生きる人すべてに起きていること。だから余計強く欲するんですよね。強く意思するから願いに近付いていける。例えそれがいつか、果たされなくてがっかりするような時が来たとしても、一生懸命立ち向かっていくのなら、悔いなんて残らないし、カタチを変えてまでもそれは生き続けるのかもしれない。
大切なのは、自分の気持ちを大切に出来るかってこと。願いや欲しいものに向かう自分を精一杯、自分自身が自分を応援出来るかってこと。何があっても、傷付くことがあっても、大切なものは大切って思い続けられるかどうかってこと。
全力で何かに立ち向かっていくならば、どんな経験をしても、そんな自分をきっと好きにならずにはいられないはずなんだよね、って思います。

2013.09.14 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2169-2b821b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)