お盆になると用意せずにはいられなくなるものがあります。ずっと見ていたことだからでしょうね。その年によって違いますが、メロンやスイカ、ミカンに巨峰、りんご、梨、和菓子に駄菓子など。父やご先祖様のこと思います。
昔、我が家では、お盆の入りになると玄関の外に灯りを点けました。お供えも準備しますが、その果物やお菓子はお盆が終わると味が抜けています。両親からそう教わって食べて試したことがあります。こらっ!て言われながら。(笑) ご先祖様が帰られる日には、幼い時から大きな音を聞いていました。大砲みたいな音が、圧縮されてからいっぺんにぼんって出ていくみたいな音が、聞こえていたんです。家もまるで震えてるような震動がありました。子どもながら何も教わらなくても、あーみんな帰っていったーって思っていました。もちろん怖いとかそういうのはありません。エネルギーは来たり帰ったり移動するんだなぁって、とっても不思議だったの覚えています。

2013.08.13 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2146-7ffd0de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)