昨日のテーマは自分の感情に敏感になれるか、無視せず、気が付かないということなく、自らの感情をどこまで認識出来うるかということでした。まぁ、そこに向かってのトライ!ということなわけですが。
最低限、喜怒哀楽をまずは把握することを目標にしてみるといいのかもしれません。例えば、本当は悲しいのに笑っちゃう人っているでしょ。愛想笑いは、その現場に寒々しいものを発生させます。感情は必ずといっていいほど他者や環境にも影響を与えます。自分しかわからないことだから、と、無自覚に我慢したり隠したりしていてもそれは伝わってしまうのですね。逆に不機嫌な顔しているのに気が付かないってこともあるし、悲しそうな顔しながら楽しいんですなんて人もいたりします。いろいろですね。
感情解放に取り組んでいく中で、今年の蟹座木星、蠍座土星、魚座海王星の癒しの三角形の意味はとても大きなものになるだろうなと思っています。自分のどこまでを、どの層までを自らが手を伸ばすことになるのか、そのスケールもまた人それぞれ。今ここというこの瞬間に存在する私、を置き去りにしては何も進みはしないでしょう。
思考で考えている私が手に入れられる完璧な状態、完璧な気付き、完璧な整理整頓、そんなものは存在しません。あるがままの波を受ける自然界の中でどう波乗りできる自分がいるか、瞬間瞬間たった今そこにいることでしか発見できない知恵で、全身を使って乗り越えてゆく、ということになるでしょうか
以上、誘導瞑想の会でのメモです。

2013.06.15 Sat l 誘導瞑想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2105-9c45375d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)