新月が来ましたね。昨日、牡羊座で。今年いつもより多く意識させられていることは、自分自身はなぜこのような「自分」なのかということです。これまでの自分の習慣が長く無自覚に積み重ねられ、それが実は今の自分そのものすべてを作って来たのだということをずい分と考えさせられます。傷も悲しみも怒りも喜びも含めて、それをどう味わいどう消化し、血肉として来たのか。ならば、何を見つめて、何にどのように取り組んでいけば、自らをさらに解放できるのか。成長へとつなげていけるのか。
新月の度数から思うに、本当に私の命が向かいたいものは何だろうか?ということ。例えば、表面の自我欲求のみではなくて、生き甲斐とか、お金を稼ぐということに終始するのではなく、人生の柱となるような仕事への熱意があるかどうか、とか。
実は、「本当に欲しいもの」を欲しいと実感している人も少なかったりします。
「ここまで走って来たけれど、成功も手に入れたけれど、満足していない自分を見つけてしまった。本当に探しているものは何だろう? 本当にしたいことは何だろう?今からはそれこそが肝心なんだ。」 
そういうお話もよく聞きます。
自分に向かうのが一番早いです。どこまでいっても、自分自身から手を離したままでは、充実感には出会えません。それも一番よく知っているのが己自身であったりします。セラピーなどでの気付きを生かして実生活を送る中で、人はまるで蘇るような体験をしてしまいます。やっぱり、人って凄いね。みんな凄い。

2013.04.11 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/2056-bc23b217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)