近すぎて見えないものってあるんですよね。
失くしてみてはじめて、自分の感情に気がつくってこともよくあることです。私は父を亡くしてみてその存在が自分にとっていかに大きく、どれだけ好きだったかっていうことを後々思い知らされました。あんなに破天荒で、一緒に居るこっちまで大変な目に遭うことも少なくなかったけれど。(笑) だけど、居るだけでよかったんだって、この世に居てくれるだけで、一緒に過ごせただけで、私も人生も充実してたなって、今さらながら思います。だれかのことを大好きだって思えるって、幸せなことです。

あなたには大好きな人、いますか?
もしいるのなら、どうぞ同じ時を生きられる今回の人生を大切になさってください。その人がいるだけで、実は空の色も風景も違って見えるのかもしれません。
いつも会える人、たまにしか会えない人、いつ会えるのかわからない人、様々だと思います。ただ、同じ空の下で呼吸しているこの今現在を、この瞬間を、ただ感じて、心の中でそっとありがとうを伝えられたなら、自分もそしてきっと相手の人も、何か解かれてフッと軽くなる瞬間があるはず。目には見えないけれど、つながりというものは確実にあるんですよね。ちゃんと伝わっています。

私はもう会うことの無い父に、ありがとうを。
雪の白さに昔一緒に過ごした風景を思い出しながら。
そしてこの広い宇宙の中で、今日一緒に居られるという奇跡のような出会いにご縁に、ありがとう。

2013.01.16 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1984-7406216a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)