木曜のライフアートスクールは、ただ今絵本づくりにむかっています。本日は画用紙に向かって定規を持ち採寸。みんなで協力してサイズを計ってみたり、下地準備をしています。この時の採寸、計算や定規で線引きとかって結構大変なんですよね。間違うことも多いので、ゆえに凹むことも増えます。しかし、その度ごとにどう気力を出して前を向いていけるのか、これが人生の歩き方、ともなります。要領がよくチャッカリしている人もいれば、頭の中がこんがらがって来て手元も物差しが読めなくなってくるっていう人も出て来ます。傍から見ていると、それは歩く途中の出来事であって結果ではないので、良い悪いも無いのですけれど、本人たちは各自が自分のことに必死だったりしています。時に人のことも見えず、時には自己嫌悪。時に調子いいとさらに周りが見えなくなり、落ち込んでいるとそれはそれで他者のことが見えなくなる。
しかし、人には本当に得意不得意という分野があるものだなと思います。こんなことで人間がデキテルとかダメダメだとか、そういうことあるわけないじゃん。
重要なのは各々が実際困った時に自分がどうなるのか、それをパターンとして知っているか、扱える位置に入れるか、他者がそうだった時には自分はどいう接し方をするのか、無自覚に、あるいは自覚的に。大切なのはそういうことです。

そういう私も、計算ミスと定規使うの下手なので、よく間違うクチです。(笑)
画用紙ごときで人生の歩き方の練習が出来るなんて、スゴイことだなぁって思います。自分自身との出会い方、他者との関わり方、生きる姿勢、すべてがそこにある。そういうことを学びながらモノづくりしていくのが、このライフアートスクールです。

現場では直接説明や話はしていません。しかし、時々投げかけます。大切なことは何か、に自ら気が付きましょう、それがいい。気付きは頭ではなく行為に溢れるものだからです。
本日もお疲れ様です。

2011.10.06 Thu l sana Life Art l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1675-d5aef554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)