今ここという瞬間に自分が居るということ、大切なことです。そかし、気がつくと私たちは過去に生きていることがいかに多いことか。過去の出来事とそれによって引き起こされた感情をなぞるように、今ここで起きていることに反応しようとする。過去からの反応を無自覚に持ち込んでいて、今ここにライブで存在しているわけではないから同じような心理状態になり、他者にも自分にも誤解も生み出しやすい、ということになります。
よくあるよね、殴られ続けてた人が初対面の人に出会った時にもその人が右手を何気なく上に上げた瞬間にビクッとなって恐れからの反応をしてしまう。目の前に居る人にはそんな気さらさらなく、ただ身体を動かし肩を回したかっただけだったかもしれない。これは極端な例だけど、日常の中で探してみると私たちにもたくさんあるはずです。トラウマというものでなくても、クセになっている反応の形は私たち全員がそれぞれの「感情が刻まれたカタチ」として持っているでしょう。
例えば、メールの返事が一行だった⇒機嫌が悪いのか、怒ってるのかと何故かびくびくしてしまう、とか。他には、親切されたけど、きっと裏があるとかヌカ喜びしちゃ駄目よって自分を制してる自分がいる、とか。人や環境はこういう風に動くものだとどこかで知らず思い込んでしまって、防衛心や疑いを持ちながらいる自分に無自覚なゆえにいつもわけもなく疲れてしまうんです…とか、いろいろです。
例えをあげればキリがないですが、今この瞬間に生きているっていう人もいます。そういう人に出会うとその違いはよくわかる。過去のどんな事例にも振り回されることなく、判断は出来るが、目の前のことに思い込みを持って反応せず、新鮮な新しい出会いとして起きていることに出会っていこうとしている人。自分の持っている悲しみや怒りのパターンを自覚しようとしているかどうかということでもあります。自分のネガティブさにもポジティブさにも極めて能動的に出会おうとしている人は、なかなか元気パワーに溢れていて日々充実しているのが傍から見ていてもわかります。
自分と関わり続けるって自分自身への敬意を表すってことでもあるし、メインはあぁもこうもなく愛情ですね。自分を許せたなら、誰かをも許していける。こだわりを手離して、ただあること、存在することを受け入れる。それって素敵なこと。環境からの自由って、生き方を選べない私からどんな状況にあったとしても選ぶ私への移行です。そして大切なこと、それは遊び心だと思います。「遊び」という言葉の意味も、本当には知らないかもしれない、そう思って探してみるといいでしょう。
sana は遊びがとってもヘタな5ハウス土星です。その土星も特徴ある配置なので極めて重要。土星年齢域は50代半ばからなのでまだですが、火のサインの特徴がほんの少しずつ体感としてわかってき始めています。土星は仕事していくにも重要ですしね。自己実現、生きる歓びとは!っていうのがテーマになりやすいです。もちろん、インナーチャイルドとの出会いも大切なものとなります。火星期以降は土星期までずっと火のサインが続くので、人生後になればなるほどラク!という道を歩んでいます。人生の最初の方でしんどい思いをいっぱいして、年寄りになってからムチャ元気っていうパターンです。(笑)

2011.08.23 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1627-836eb803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)