本気で取り組み出すと意外とコトは進み始める。レベル上でのこともそうです。そしてこの「本気」っていうのが、どういう状態かにかかっています。これはいつもそうなんだけれど今普通に想像しているその本気とは違うんだよね。壁の向こうに渡ってしまった精神状態というか、そこは願いが叶うところ(場所)でもあるのですが、そこに行ってみないとこれだ!っていうのはわからないから、説明するのは簡単じゃない。けれど、確かにあるんです。
「そこ」にたどり着いてものを考える私っていうのは、ある種の正気ではない状態とも言えるでしょう。常識という「土星の枠の内側で生きている私」からするとね、なのだけれど。これは出生図で個人天体が天王星・海王星、冥王星と関係しているかどうかで、日々の日常で体感しやすいかどうかはわかることです。けれど、お空の天体は休むことなく動いていて、それは私たちにとっては降り注ぎ続ける影響力なので、受け取る気があるほどに体感も増えるわけです。体感っていうのは起きる出来事と実感。えり好みはできないのです。この宇宙からすると何が良くて悪いのか、人間が決めているそれとはまるで違っていたりしますよね。占星術でいうと90度は嫌いっていう人もいる。いやそういう時にシフトしちゃえるからねって言う人もいる。そしてどっちであろうと宇宙は動いてる。
地球で生きている私たちがもっと地球を実感することって可能なのだと思うようになりました。というのは、いかに無自覚に今ここに居続けて来ているのか、何を信じ切って自力で生きてるつもりになっているかに気が付き続けるってことでもあるのだけれど。恥ずかしい~が増えたりするんです、きっと。知らず今まで親不孝していてごめんなさいって気持ちになるんです、たぶん。今以上に。(笑) 
これって今日の誘導瞑想の会でも話したことなのですが、レベル上で体験したことをいかに大地に落とせるか、日常に置き換えが出来るかっていうことと繋がっています。比較的変性意識状態で情報を手にしたり体験したりするのは容易だという位置から考えてみています。実際は日常にどうそれを落としこめるかのほうが何倍も大変だからです。でないと、宙に浮いた理想論になってしまい、もともこも無いってことになりやすいです。大切なのはこの日常に落とすこと、そして置き換えがどれだけできるかということです。太陽(目的・意思)と月(日常生活)のパスにも関係している話ですよね。
生かされてる、生命を頂いている、そういう風に思える気持ち、まだまだちっぽけだけれど、大切にしたいです。お母さんありがとう。お父さんありがとう。おかげでこの地球で歩いてる、2本の足で大地の上に立っています。いつまでもいつまでもきっと私はあなたたちの子供、子供のままで居続けるのですよね。独りなんかじゃない。今日もご飯が美味いです。ありがとうございます。

2011.08.19 Fri l 誘導瞑想 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1623-b3f7d19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)