不思議なことって結構日常にたくさんあるものです。先日はSさんの関係者の方が一緒にいらした様子で、私は父兄さんと呼びましたが、背後の存在がわかりやすく動き出す時というのがります。こういう時お知らせのようなことが起こります。ものが動いたり、いつもと違うものが見えたり。当然その時にはSさんはとても大きな恩恵をその存在から受け取ることとなり、気付きというもの自体がシフトしたことで、自分自身が大きな変化を起こしていました。
昨日もそうでした。何人かを誘導して瞑想している時にふと窓を見ると、その瞬間何かのお尻部分が見えたのです。お尻というのは例えば尾っぽとか最後の部分が見えたという意味。カラスでも他の鳥でも無いその白くて大きな飛ぶものが窓のすぐ外を飛んで上空へと飛び上がっていくように消えていきました。毛並みみたいなものがあって風に揺れていました。今思えば、白龍の一部、とでもいいましょうか。あまりに生々しく物質的に見えるのですよね。で、しかし私はそのことを忘れて授業、その後私自身がレベルに入りたくなり横たわった瞬間からとある意識レベルに移行しました。解放力のある存在、、天からの使者、これは9分割でいうところの海王星、生命の樹ならコクマー、の位置に関係するものとの出会い。それはとある人の関係者ということだったのですが、受け取ったメッセージはその場でお伝えしました。
日々たくさん不思議な面白いことはありますが、あんまり書くとトンデモ話になっていくので、このあたりで。(笑)

子供の頃から異世界の存在たちが身近でした。ですがその色合いは年齢とともに濃淡もあり、大人になってからは静かな出会い方が常。その中で時折異様に濃い体験が突然やってくるというようなサイクルでした。数年前には鳥羽から北陸へと向かい始めたとある有料道路で巨大な360度に広がって大空を泳ぐ3頭の龍と出会ったことがあります。この時は不思議能力などには興味も無い一緒にいた友人もその大パノラマを見てしまい、ややパニックを起こしていました。(笑) 月が確か満月あたりでまんまるくて、それが龍の瞳の大きさと同じくらいでしたので、それはそれは超巨大。この時はその後呼ばれるように道を間違えてたどり着いたところが大きな古い神社。龍神が降り立ったとされる地でした。こういうときは人生にも大きな節目がやって来て変革を体験することになります。
やはり海王星が魚座に入ったからでしょうか。そういうことよく思い出します。でも本格的に魚座運行するのは2012年2月~ですね。現在は魚座で逆行中、8月5日には水瓶座に入りその後28度台まで戻り、11月に順行で再びゆっくりと魚座に向かい始めます。あと出生図の確認はしていませんが、確かプログレス(進行)の太陽もネイタル1ハウスの海王星に合となるのも近々。子供の頃のようなリアリティがふと気が付くと目の前のそこにあったりします。力強いエネルギー、生命力との出会い。圧縮され過ぎていた子供時代も思い出します。今回の動き、これはまだ慣れていないのでかなりドキドキしています。

2011.07.20 Wed l sana日記 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.07.21 Thu l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1595-83335ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)