とあることを知るために探求しているという人がいます。しかし、自分も周囲も納得するような成果が出ない状態にあるそうな。見て聞いていると理由はわかりやすいのですが、本人にしてみるときっと苦しいことです。例えば、探求すること、そこには落とし穴があって気が付きにくいのだけれど、「思ったような、成果」を求めて探求しているのが原因の場合もあるでしょう。「解決」を求めている場合も同じ。とある方向へ強く傾いていることに無自覚なまま探し物をしていて、ほかの要素に目を向けていないままだったりします。このグルグルから出るためには、「探求」にもいろいろあるってことを知るといいのかもしれません。例えば12星座それぞれの探求の姿勢というものがあるのですが、乙女座のと射手座の違いは何か、蠍座だったらどうするか、魚座なら? というふうにイメージしてみましょう。同じこと(目的やテーマ)を探求していても12星座にはそれらしい各自の捉え方ややり方があります。自分はその12種類の探し方のうちのどれをやっているのかもわかるかもしれません。そしてその探し方が手に出来る12星座なりの答えの形が違うこともわかるでしょう。すると、そもそも自分が果たして目的に合った探し方をしていたのか、発見できるかもしれません。12星座はもともと自分の中にある12種類の性格付けです。もちろん中には得意なものや苦手なものもあるでしょう。しかし12の星座のもつ特徴がすべて最初から自分の中に内在している、そう考えて牡羊座からはじまる魚座までの物語と出会ってみるときっと世界は広がるはず。人の中にいてココロの動きの様々と出会うことに喜びも悲しみも感じるでしょう。生きているってことの、私たちが人間であるってことの凄さ。

2011.04.30 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1531-4190e24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)