冬は赤い、燃えるように赤いのだ。
そういう絵を描いたことがありました。冬の雪山風景の中で牛と女性を描いた作品。とあるコンテストでの受賞作品でもありました。ある日、そんなこと思い出す風景と御苑で出会いました。

a b

今年後半はお散歩中に携帯でシャッターを押すことも多かったな。自分の内側に静かに横たわっていた表現者としての衝動が小さく動き始めているのを感じています。

2010.12.18 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafenanairo.blog87.fc2.com/tb.php/1411-bfee74a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)